2017年10月10日 08時00分 公開
特集/連載

IT部門意思決定者の多くがRDBの限界を認識ITプロジェクト失敗の原因は「リレーショナルデータベース」

IT部門意思決定者を対象に行った調査によって、トランザクション型のリレーショナルデータベースの限界が浮き彫りとなった。

[Computer Weekly]

 IT部門でデジタル変革構想に携わる上級意思決定者450人に実施した調査によると、これまで使われてきたデータベースがデジタルプロジェクトの障害になっていることが明らかになった。

 市場調査会社Vanson BourneがCouchbaseの委託を受けて実施した調査によると、94%の企業が依然として「Oracle Database」や「Microsoft SQL Server」などの従来型リレーショナルデータベースを使用しているが、こうしたデータベースはデジタルプロジェクトには不適切だと考えられている。

 調査に答えたIT部門意思決定者の41%が、リレーショナルデータベースがニーズを満たさなかったために失敗したデジタルプロジェクトがあることを認めている。

 また、リレーショナルデータベースの変更にコストがかさみ、プロジェクトの規模縮小を余儀なくされたという回答が29%、プロジェクトを大幅に延期せざるを得なかったという回答が14%を占めた。これに対し、リレーショナルデータベースでも問題はないという回答は16%にとどまっている。

 多くの企業が抱える課題は、既存のリレーショナルデータベースがトランザクション形式のデータを収集するように設計されている点にある。トランザクション方式のデータベース管理システム(DBMS)などがその例だ。

 ユーザーを巻き込む新しいアプリケーションをリレーショナルデータベースでサポートしようとすると、アプリケーションのパフォーマンスは低下する。実に、IT部門意思決定者の74%がこのことに気付いている。

 新しいアプリケーションが利用するデータは、複雑で、相互に結び付きがあり、変化に富んでいるものが多い。Couchbaseが既存のリレーショナルデータベースは不適切だと考える理由はここにある。

 優れた顧客エクスペリエンスには、リアルタイムの応答が求められる。そのため、これまでのリレーショナルデータベースの限界は恐らくさらに顕著になるだろうと同社は語る。

 データ管理の将来について扱った記事(訳注)で、Quocircaのアナリスト、バーント・オステルガルド氏が次のように記述している。

訳注:Computer Weekly日本語版 9月20日号に掲載。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...