2009年11月25日 08時00分 公開
特集/連載

企業業績管理(CPM)導入の注意点【前編】BIソフトとCPMソフトの違いとは

CPMソリューションはBIソフトウェアを含むが、単なる技術ではなく、業務を監視・測定・管理するために使用するプロセス、手法、指標、技術などで構成される。

[Rick Sherman,TechTarget]

 ビジネスインテリジェンス(BI)と企業業績管理(CPM:Corporate Performance Management)との違いは何だろうか。また、BIベンダーとCPMベンダーとの違いはどこにあるのだろうか。2番目の質問の答えは「両者は同じ」というものだ。両方のベンダーが同じであるという事実は、最初の質問を難しくする。販促資料や業界メディアの記事を読めば、そこに記されている用語やアプリケーション、メリットなどはBIでもCPMでも同じであるため、問題はさらにややこしくなる。

 BIは、ビジネスに関連したデータに対するアクセス、分析、リポーティングなどに使用する技術を表す用語になった。BI技術には、アドホッククエリ、リポーティング、OLAP(オンライン解析処理)、ダッシュボード、スコアカード、検索仮想化などを含む広範なソフトウェアが関連する。こういったソフトウェア製品は当初、スタンドアロン型ツールとして登場したが、BIソフトウェアベンダー各社はこれらをBIスイートに組み込んだ。また、BIソフトウェアは必ずCPMソリューションに含まれている。

 一方、CPMというのは単なる技術ではない。CPMは業務を監視・測定・管理するために使用するプロセス、手法、指標、技術(アプリケーションおよびソフトウェアツール)などで構成される。CPMの対象となるビジネスプロセスには、財務、マーケティング、販売、CRM(顧客関係管理)SCM(サプライチェーンマネジメント)などが含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...