2017年09月21日 05時00分 公開
特集/連載

「iPhone X」採用の顔認証「Face ID」にセキュリティ専門家が真顔になる理由成り済まし防止に効果大

AppleによるiPhoneシリーズ最上位機種「iPhone X」に採用した顔認証システム「Face ID」は、スマートフォン向けセキュリティを変革するインパクトを持つ。その仕組みと社会への影響について、専門家に聞いた。

[Michael Heller,TechTarget]

画像 iPhone Xは、複数のセンサーを使ってユーザーの顔を認証する《クリックで拡大》

 Appleは、従来の指紋認証システム「Touch ID」に代わり、新たな顔認証システム「Face ID」を発表した。Appleによれば、顔認識は、指紋認証に比べて誤認識を20分の1に減らすことができるという。

 同社は2017年9月、新たにiOS搭載スマートフォンの新機種「iPhone 8」「同 8 Plus」と共に、最上位モデル「iPhone X」を発表。iPhone Xは、従来スマホ向けセキュリティの“究極の標準”だった指紋認証のTouch IDに変わり、Face IDによる顔認証を初めて採用した。

 カルフォルニア州クパチーノの新拠点Apple Parkで開催したイベントで、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィル・シラー氏は、「新たなカメラシステム『TrueDepth』でFace IDを構築した」と語った。Face IDは、通常のカメラや赤外線カメラ、深度センサーに加え、ユーザーの顔に3万点の赤外線ドットを投射するドットプロジェクターを活用してユーザーの顔をスキャンし、数学的モデルを作成する。

 iPhone Xの内蔵する新型チップ「A11 Bionic」搭載のニューラルエンジンは、こうして作られた“顔モデル”を解析。過去に作成したモデルと比較する。Face IDは、機械学習を活用し、ユーザーの髪形やひげの生え具合、眼鏡の有無など、外見の変化も認識する。iPhone Xは、こうした情報を同デバイス内のセキュリティアーキテクチャ「Secure Enclave」に格納し、iCloudには送信しない。

 シラー氏は、ユーザー以外の人間がTouch ID経由でiPhoneのロックを解除できる確率が5万分の1だった点と比較して、Face IDがユーザー以外の人間の顔をユーザーとして認識してしまう“誤認”率が100万分の1に縮小した点を指摘し、「Face IDは、Touch IDに比べて20倍のセキュリティ改善を達成した」と語った。Face IDの誤認率は、ユーザーと同じDNAを持つ人物を対象にした場合、若干高くなるという。ただし、シラー氏は、「Face IDは、ユーザー本人に成り済まそうとする人物を見分けられるはず」と強調した。

Face IDに対するセキュリティ専門家の反応は

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。