2020年01月20日 05時00分 公開
特集/連載

量子コンピュータの向いている分野とは「量子コンピュータ×機械学習」は何の役に立ち、何の役に立たないのか

量子コンピュータは、機械学習をはじめとする人工知能技術の可能性を広げると専門家は指摘する。両者の組み合わせは、どのような業界に、どのようなメリットをもたらすのか。

[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

Google | データ分析 | 機械学習 | 技術解説


 「量子コンピュータの実用化が現実的になりつつある中、量子コンピュータが自社に及ぼす影響について検討するのを先延ばしにすべきではない」。コンサルティング会社Boston Consulting Groupでプロジェクトリーダーを務めるマット・ランジョーネ氏はこう話す。

 ランジョーネ氏は、量子コンピュータを活用するために必要な技能を持った人材とインフラへの投資をすれば、量子コンピュータの関連技術が成熟したとき「金銭には代えられない価値が得られる」と言う。

 量子コンピュータへの投資を進めるGoogleは、自社が研究開発する量子コンピュータが「量子超越性」(Quantum Supremacy)を初めて実現したと主張している。量子超越性とは、量子コンピュータが従来型のコンピュータ(古典コンピュータ)の計算速度を圧倒的に上回ることを指す。

 Googleの検証方法に問題があるとの指摘や、同社の主張の正当性を疑う意見もある。それでも同社の発表は、量子コンピュータの進化を示していると言える。

量子コンピュータと機械学習の組み合わせが適した業界は?

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...