2019年03月22日 08時00分 公開
特集/連載

AWS vs. MS vs. Google(第2回)局地戦でAWSに勝利したMicrosoftとGoogleだが……

MicrosoftとGoogleがAWSから顧客を奪うことに成功した。AWSに対する小売業界の懸念と合わせるとAWSが劣勢に立たされているように見える。だが果たしてそれだけだろうか?

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]

 第1回(Computer Weekly日本語版 3月6日号掲載)では、小売業界におけるクラウドビッグ3の戦いにおいて、AWSが小売業者に敬遠されるという弱点を指摘した。

 第2回では、AWSから顧客を奪うGoogleとMicrosoftの動向を紹介する。

Computer Weekly日本語版 3月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

マルチクラウドが正解でないとき

 利益競合に関する顧客の懸念を払拭(ふっしょく)する方法として、マルチクラウド戦略があるのは確かだ。だが、それがどの企業にも適しているわけではない。そう語るのはCCS Insightでエンタープライズリサーチ部門のバイスプレジデントを務めるニコラス・マクワイア氏だ。

 「AWSを使用するメリットが利益競合の懸念に打ち勝つかどうか、てんびんにかける必要があることに気付くかもしれない」(マクワイア氏)

 最近も、クラウドベースの電子商取引プラットフォームプロバイダーBigCommerceが、同社のサービスを使用してオンライン取引を実行している6万人以上の小売業者を「IBM Cloud IaaS」とAWSからGCPに移行した例がある。

 BigCommerceは以前、IBM Cloudでインフラの大部分をホストし、ピーク時のトラフィックはAWSで対処していた。だが遅延やパフォーマンス上の理由で、同社は現在Googleと契約している。

小売業界に変革を起こすMicrosoft

続きはComputer Weekly日本語版 3月20日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 3月6日号 小売業者のAWS離れ

Computer Weekly日本語版 2月20日号 RPA導入が成功する冴えたやりかた

Computer Weekly日本語版 2月6日号 次世代無線LANの衝撃


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...