消費者を中心に据えるP&Gのデータ分析基盤簡単じゃなかったクラウドでのDWH構築

消費財メーカーの米Procter & Gambleでは、米TeradataのDWHをクラウド上に構築し、各ブランドのWebサイトなどから集まるデータの分析に利用している。しかしながら、ここに至るまでの道のりは長かったようだ。

2013年12月24日 08時00分 公開
[Lindsay Clark,Computer Weekly]

 米Procter & Gamble(以下、P&G)は、世界最大手の消費財メーカーである。25のブランドを傘下に置き、2013年の売り上げは840億ドルを超える。世界規模で事業を展開し、消費者に親しまれているが、インターネットの破壊的な力に打ち勝つことはできていない。

分散していたデータを1箇所に集約

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...