2013年06月26日 08時00分 公開
特集/連載

「クリネックス」でも活用、Facebookで顧客を動かす方法とは?意思決定の新たな手段、「ソーシャルメディア分析技術」【後編】

ソーシャルメディア分析技術は確かに強力だが、むやみに活用しても成果は得られない。ソーシャルメディア分析技術を生かすためにすべきことは意外と多い。

[Aaron Lester,TechTarget]

 前編「『いいね!』増加で満足できない人のためのFacebook/Twitter活用術」では、ソーシャルメディア分析技術が企業の意思決定の在り方を変える力を持つことを明らかにした。後編では、ソーシャルメディア分析技術の活用を進める上での注意点を整理する。

ソーシャルメディアトラッキングの目標

 「感情や『声の共有』という指標を収益に結び付けるのは難しい」。米PRマーケティング企業Schneider Associatesのデジタルインテグレーション・ソーシャルビジネス担当ディレクターであるダン・マーテリ氏は、こう指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...