MLB公式の分析ツール「Statcast」にある“あのデータ”とは?データ分析が変えた野球の常識【第1回】

MLBが所属球団向けに運用するデータ分析ツールが「Statcast」だ。GCPをベースにしているというStatcastは、球団にどのようなデータを提供するのか。

2022年08月31日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

 米プロ野球のMLB(メジャーリーグ機構)は、至る所で分析を使用するようになっている。MLBが提供する豊富なデータには、MLBに所属する全ての球団がアクセス可能だ。

MLBが提供する“あのデータ”とは?

 MLBはGoogleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)を基盤に開発したデータ分析ツール「Statcast」を運用している。各球団はStatcastによって、フィールド上の選手のあらゆる動きを追跡できる。ボールが投手の手を離れた瞬間からプレーが完了するまでの一連の動きをだ。

 各球団がStatcastから得られるデータには、

  • 投球時のボールの回転速度
  • バットの軌道とスイング速度
  • 選手が打球を追うときの移動ルート
  • 選手が捕球するまでの移動速度

などがある。

 MLB所属球団のテキサス・レンジャーズ(Texas Rangers)は、他球団との競争で優位に立とうと考えた。MLBが提供するデータに加えて、Tableau Softwareのセルフサービス型ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Tableau」を使用して、各試合の前後と試合中に選手とコーチにリアルタイムでデータを提供することにしたのだ。

 Tableauはデータを視覚化して、複雑な分析結果を分かりやすい形で表示できることで人気がある。Tableau SoftwareはMicrosoftの「Power BI」や、Qlik(QlikTech International)、Oracle、SAS InstituteなどのセルフサービスBIツールと市場シェアを争っている。

 複雑な分析結果を分かりやすく可視化するTableauの機能により、レンジャーズは自球団が優位に立てると確信している。レンジャーズは「R」「Python」「Spark」といったコンピュータ言語で機械学習したデータをGCPとAmazon Web Services(AWS)の同名クラウドサービス群に保存。クエリ(データ操作)言語の「SQL」を使ってそのデータを操作し、最終的にTableauで選手やコーチに伝えている。

 「こうしたデータを関係者に伝えることで、試合を優位に進めることができる」。Tableau Softwareが2022年5月に実施したユーザーカンファレンス「Tableau Conference 2022」における分科会で、レンジャーズのアナリストであるランドール・パルファー氏はこう語った。

 「データをただ集めても、行動につながらなければ無駄になる」とパルファー氏は指摘。「適切な決定を下すことがゴールであり、データやデータ分析はその手段だ」と強調する。同氏は最終意思決定者により多くのツールや視点を提供し、できる限り多くのデータに基づいた決定を下せるようにしたいと考えているという。


 第2回は、データ分析が変えた野球の“常識”を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...