いまさら聞けない「サードパーティーcookie」の謎 なぜ使ってはいけないのか?脱サードパーティーcookie後の「DMP」の未来【第2回】

マーケティングに不可欠な「DMP」は、これまで「サードパーティーcookie」に依存してきた。そのサードパーティーcookieの利用を廃止する動きが広がっている。そもそもサードパーティーcookieの何が問題なのか。

2022年09月01日 05時00分 公開
[Scott RobinsonTechTarget]

関連キーワード

CRM


 「DMP」(データマネジメントプラットフォーム)には利点があるが、大きな課題もある。表示中のWebサイトの運営企業とは異なる企業が設定したcookieである「サードパーティーcookie」に依存していることがそれだ。DMPはサードパーティーcookieを利用して、顧客の行動パターンを追跡している。

だから「サードパーティーcookie」は使われなくなる

 デジタル広告のほとんどはサードパーティーcookieを利用する。これは、Webサイトを閲覧する顧客のデータが、顧客の知らない企業に流れてしまう可能性があることを意味する。

 サードパーティーcookieは、表示中のWebサイトの運営企業が設定できるcookieである「ファーストパーティーcookie」とは異なる。ファーストパーティーcookieは顧客と、顧客がアクセスしたWebサイトだけが共有する。一方でサードパーティーcookieは前述の通り顧客と、顧客が表示しているWebサイトの運営企業だけではなく、それ以外の企業も利用できる。

 こうしたサードパーティーcookieの仕組みはこれまで、うまく機能してきた。やがてプライバシーに関する懸念の高まりから、顧客の間でサードパーティーcookieを削除する動きが広がった。Googleはプライバシーに関する懸念に配慮し、Webブラウザ「Chrome」でのサードパーティーcookieの利用を全世界で廃止する。AppleやMozillaはサードパーティーcookie廃止のための変更を既に実施した。

 サードパーティーcookie廃止は一つのトレンドであると同時に、コンプライアンスの問題でもある。GDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア州消費者保護法)などのプライバシー規則は、新しい消費者の権利やビジネスの規制項目を導入している。


 第3回は、脱サードパーティーcookieの動きに対処するDMPベンダーの取り組みを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...