いまさら聞けない「DMP」の基礎知識 サードパーティーcookieとの関係は?脱サードパーティーcookie後の「DMP」の未来【第1回】

「DMP」はマーケティングを進めるための手段として、依然として重要だ。ただし「脱サードパーティーcookie」の潮流が、DMPの未来を脅かしている。知っておくべきDMPの基本事項を整理する。

2022年08月22日 05時00分 公開
[Scott RobinsonTechTarget]

関連キーワード

CRM


 企業がオンラインマーケティングやオンライン広告のために豊富な顧客データを収集・活用できているのは、「DMP」(データマネジメントプラットフォーム)のおかげだ。DMPの基本的な役割をおさらいしよう。

そもそも「DMP」とは何か

 デジタルマーケティングにおける最も強力なツールの一つが、DMPだ。DMPは消費者を明確に分類し、対象を絞ったメッセージ発信を可能にする。こうした形で顧客データを利用しない企業は、競争上不利になる。

 DMPは購買履歴や好き嫌いといった、顧客に関するさまざまな情報を保管する。Webページの訪問履歴や登録フォームに入力された情報も収集して一元管理するので、DMPを活用するマーケターは、それらのデータを分析して個々の消費者に適切なメッセージを発信できる。

 ビッグデータの成熟に伴い、DMPも成熟してきた。インターネットが普及する前から、DMPに類する仕組みはさまざまな形で存在していた。DMPが飛躍的に進歩した背景には、クラウドサービスの普及がある。大容量ストレージがクラウドサービスとして安価に利用可能になり、DMPの容量は大幅に拡大。中小企業にも手頃なコストでDMPが導入可能になった。

 これまでDMPは主に、表示中のWebサイトの運営企業とは異なる企業が設定したcookieである「サードパーティーcookie」に依存してきた。サードパーティーcookieを取り巻くプライバシーの懸念が、DMPの未来を脅かしている。


 第2回は、サードパーティーcookieの問題を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...