Windows 10「HDDやSSDがなぜか遅い」は“あれ”が原因だった?Windows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第8回】

HDDやSSDには特に異常がないのに、なぜか「Windows 10」搭載PCのデータ読み書き速度が遅くなることがある。その原因とは何なのか。具体的な対処法とは。

2022年08月21日 10時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」を搭載したPCで、処理速度低下をはじめとするパフォーマンス問題が発生した場合、どのように対処すればよいのだろうか。パフォーマンスに関する主要な5つの問題のうち、5つ目の要因と対処法を説明しよう。

5.HDDやSSDに異常がないのに、なぜかデータ読み書きが遅い

 Windows 10搭載PCでデータの読み込みや書き込みが遅くなった場合、まずはHDDやSSDといったドライブの自己診断機能「S.M.A.R.T.」(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)を使って、ドライブの診断を実行するのが基本的な対処法だ。それでも明確な問題が判明しない場合、故障といったドライブの物理的な問題ではなく、ドライブ内に発生した過剰なごみやデータの断片化が原因となっている可能性がある。

 IT管理者はドライブ内のごみをなくし、断片化を解消するために、以下に示す4つのツールや手段を利用できる。

  1. ディスククリーンアップ
    • 管理者権限でコマンドラインインタフェース(CLI)の「コマンドプロンプト」(Command Prompt)または「PowerShell」を開き、ドライブから不要なデータを一掃するコマンド「cleanmgr」を実行する。
  2. ドライブの最適化
    • 起動ドライブ/システムドライブ(通常はCドライブ)および速度が遅いドライブに対して、「ドライブの最適化」を実行する。ドライブの最適化は、ドライブの「断片化」(ファイルを構成するデータの分散化)を解消し、PCの動作の安定性と速度の向上を支援する機能だ。
  3. DISM
    • コマンドプロンプトまたはPowerShellで、破損したシステムファイルをスキャンして修復する「DISM」(展開イメージのサービスと管理)を実行する。
  4. RAPR
    • ソースコード共有サービス「GitHub」で、オープンソースのドライバ管理ツール「Driver Store Explorer」(RAPR)を入手する。ダウンロードしたファイルを解凍し、「RAPR.exe」ファイルを管理者権限で実行する(画面5)。「Select Old Drivers」(古いドライバーのみ選択)ボタンをクリックすると、古いドライバ全てにフラグが付く。「Delete Driver」(ドライバーを削除)ボタンをクリックすると、現在使われていないドライバを全て削除する。
画面 画面5 RAPRでは古くなったドライバや重複するドライバを削除できる(筆者がスクリーンショットを取得、画面は英語版)《クリックで拡大》

 ディスククリーンアップを実行すると、過去のWindowsアップグレード時に発生した一時ファイルがドライブに残っている場合、25GB〜30GBのデータを削除できることがある。ドライブの最適化はドライブ内のデータを削除しないものの、データの保存構造を整理してデータの読み書き速度を改善する。

 DISMを実行すると、孤立したシステムファイルを「WinSxS」フォルダから削除できる。WinSxSフォルダは、Windowsのカスタマイズと更新に必要な機能をまとめた「Windowsコンポーネントストア」のファイルを格納するフォルダだ。RAPRは、古くなって使われなくなったドライバを削除できる。

 上記を合わせて実行すると、起動ドライブ/システムドライブで50GB以上のドライブ容量を確保できることがある。これによって全般的なデータ読み書き速度だけではなく、更新プログラムの適用やアップグレードの高速化が見込める。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news115.jpg

コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端...

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...