Windows 10「妙にHDDやSSDが遅い」は“あの大問題”の兆候だった?Windows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第7回】

「Windows 10」搭載PCを利用していたら、HDDやSSDのデータ読み書き速度が遅くなった――。それは深刻な問題の兆候である可能性があるという。その問題とは何なのか。どう対処すればよいのか。

2022年08月14日 09時00分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 クライアントOSとしてMicrosoftの「Windows 10」を搭載するPCでは、処理速度低下をはじめとするパフォーマンス問題に対処するための、さまざまな機能が利用できる。パフォーマンスに関する主要な5つの問題のうち、4つ目の要因と対処法を説明しよう。

4.HDDやSSDのデータ読み書きが遅い

 Windows 10搭載PCで発生するパフォーマンス問題の中で、潜在的な不安が最も大きいのは、HDDやSSDといったドライブのデータ読み込みや書き込みの遅さだ。読み書き速度の遅さは、ドライブ内にあるディスクの故障の兆候である可能性がある。

 読み書き速度が遅くなった場合に、まずすべきなのは、直ちにドライブ内の全データのバックアップを取得することだ。バックアップを取っておかないと、ディスクが故障した際にデータを読み取れなくなりかねない。

 ドライブのトラブルの兆候を探るための手段は豊富にある。ドライブの診断には、各ドライブが内蔵する自己診断機能「S.M.A.R.T.」(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)が利用できる。S.M.A.R.T.を利用したドライブ診断ツールには有料のものに加えて、オープンソースソフトウェア(OSS)の「CrystalDiskInfo」(Standard Edition)といった無料で使えるものもある(画面4)。

画面 画面4 CrystalDiskInfoによるドライブ診断例。「Health Status」(健康状態)欄の色が注意を表す「黄色」や異常を表す「赤色」の場合、ドライブはバックアップの取得や詳しい診断が必要な状態にある(筆者がスクリーンショットを取得、画面は英語版)《クリックで拡大》

 第8回は5つ目のパフォーマンス問題について、その要因と対処法を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...