失敗しない「ゲーミフィケーションアプリ」がもたらす“あの体験”とは?ゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第4回】

ゲーミフィケーションアプリケーションの設計には行動心理学の知見が求められ、開発の手間も小さくない。それでも専門家は、可能な限り“ある体験”をもたらすように設計することが大切だと主張する。

2022年08月15日 05時00分 公開
[Margie SemilofTechTarget]

関連キーワード

人事 | CIO | アプリケーション開発


 最高情報責任者(CIO)とアプリケーションアーキテクト(アーキテクトはもともと「建築家」や「設計者」の意味)の役割は異なり、ある場面では競合することもある。開発時のハードルを解消できるなら、ゲーム以外の活動にゲームの仕組みを利用する「ゲーミフィケーション」のアプリケーションの有用性が理解しやすくなる。

ゲーミフィケーションアプリ開発で重視すべき「体験」とは

 ゲーミフィケーションアプリケーションの設計を支援するコンサルティング会社Engaginglabの創業者でCEOのローマン・ラクウィッツ氏は、アプリケーションアーキテクトは「従業員の個人的な遍歴、すなわちライフサイクル全体に目を配らなければならない」と強調する。

 ラクウィッツ氏はアプリケーションアーキテクトに対して、「趣味やスポーツはどのように観客を夢中にさせているか」に目を向けるようアドバイスする。同氏によると、ゲームは障害を克服することだ。ゲームでは、エンドユーザーは決定を下すことによって、自分の目の前で旅が展開する。「私たちは何かを解決することを強いられる。それを解決すると、次のレベルが待っている」(同氏)。エンドユーザーは先に進みたければ、もっと上達しなければならない。

 実例の一つに、販売管理システムベンダーのsell & pickが開発したソフトウェアがある。同社のツールは、データ分析によってエンドユーザーが「自分は仕事のどのようなポイントが得意で、どこを改善する必要があるのか」を学ぶのに役立つ仕組みを搭載している。同社が提供する給仕係向けのリアルタイムツールには、データを収集してパターンを分析する機能がある。エンドユーザーは自分なりのやり方で、ツールが示すフィードバックに反応できる。


 第5回は、ビジネスにゲーミフィケーション手法を取り入れた企業の事例を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...