SSDやBlu-rayの次はなぜ出ない? 「プラズモニックストレージ」の可能性新種ストレージの台頭はいつになる?【第4回】

保存容量の増大や、読み取りの高速化を目指した新種ストレージの開発プロジェクトは幾つもある。「プラズモニックストレージ」もその一つだ。商用化が難しいストレージ市場において、この新技術はどう出るのか。

2022年08月15日 08時15分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

データ | ストレージ


 「SSD」や「Blu-ray Disc」をはじめ複数種類のストレージの販売が続く中、新種ストレージの登場に期待がかかる。パデュー大学(Purdue University)が開発した「プラズモニックストレージ」も、新種の候補として挙がってきたストレージ技術だ。

 過去のストレージ業界を振り返ると、試作品の開発までは進んでも、商業的に成功した例は多くなかった。プラズモニックストレージにも、商業化できるかどうかが問われる。

市場にはSSDやBlu-rayの壁 プラズモニックストレージの今後は?

 プラズモニックストレージは、試作品の段階では「WORM」(Write Once Read Many:書き込み1回、読み込み複数回)に照準を絞っている。データの書き換えはできない。WORMを前提にしていることや、ディスク(円盤の記録媒体)を使用する点で、プラズモニックストレージはBlu-ray Discの代替を狙った技術だと言える。Blu-ray Discはプラズモニックストレージほどの保存容量や読み取り速度は提供できないものの、市場での地位を確立したストレージだ。

 今後、プラズモニックストレージの研究開発が大きく進展する可能性はある。ただしディスクメーカーが簡単にプラズモニックストレージの生産を開始するとは考えにくい。Blu-ray Discとプラズモニックストレージは記録媒体の形状がよく似ているものの、メーカーは新しい仕様に合わせて生産設備や工場のオペレーションを変更しなければならない。これは容易なことではない。ストレージ業界は、商業的に大きな可能性があることに納得しなければ動かない。

 実用化を考える上でプラズモニックストレージの弱点になる可能性があるのは、1枚のディスクだけを使用する点だ。プラズモニックストレージもBlu-ray Discと同じで、容量の上限が1枚のディスクに限られる。一方でSSDやHDDといった他のストレージは企業の大規模なシステムに使われ、複数のストレージが1つのリポジトリ(保管庫)として機能している。これは大きな違いだ。

 ストレージベンダーはSSDの開発に多大な費用と時間をかけている。業界ではSSD以外のストレージ技術は後回しになっている状況だ。そのためプラズモニックストレージにとっては、SSDの存在も商業化に向けての壁になる。

 新種の光学ストレージを開発する取り組みは、パデュー大学のプラズモニックストレージだけではない。Microsoftのプロジェクト「Project Silica」は、レーザーを利用してデータを石英ガラスに保存する可能性を研究している。これが目指すのは、データを長期保存するストレージの大容量化と、長寿命化だ。IBMは過去に、「Racetrack Memory」というストレージ技術の開発に取り組んでいた。これはワイヤ状の記録媒体に電流を流してデータを保存しようとする試みだ。DNA(デオキシリボ核酸)の配列を使ってデータを記録する「DNAストレージ」の研究開発も進んでいる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...