2022年08月01日 05時00分 公開
特集/連載

「ゲーミフィケーション=楽しい」は幻想? アプリ開発の“泥臭い現実”とはゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第2回】

「ゲーミフィケーションアプリは楽しいもの」というきらびやかなイメージが先行しがちだ。だが専門家は「開発の裏側には“ありふれた苦労”が存在する」と警告する。

[Margie Semilof,TechTarget]

関連キーワード

人事 | CIO | アプリケーション開発


 ゲーム以外の活動にゲームの仕組みを利用する「ゲーミフィケーション」という単語は、ある意味で誤解を招く。ゲーミフィケーションは「ゲーム」という言葉を含むものの、真剣な目標を持つ真剣なビジネスの手段だからだ。あらゆるアプリケーションと同様に、ゲーミフィケーションアプリケーションについても、企業は活用の目標を定め、成功を測定する手段を用意し、エンドユーザーを特定し、そのエンドユーザーを成功に導く動機は何なのかを理解する必要がある。

「ゲーミフィケーションは楽しくない」と専門家は警告 その真意は

 ゲーミフィケーションは「魔法のようなものであり、娯楽や楽しみになると思われがちだ」と調査会社Gartnerのアナリスト、ブライアン・バーク氏は話す。実際の楽しさは「それほどでもない」とバーク氏は認める。だが少なくとも企業はエンドユーザーに対して、ゲーミフィケーションアプリケーションを使う気にさせなければならないというのが、同氏の考えだ。

 「開発者はエンドユーザーの学習の助けになるモデルを選ぶ必要がある」とバーク氏は話す。例えば以下の点を考慮する必要がある。

  • 共同作業が求められるゲームなのか、それとも競い合うゲームなのか
  • マルチプレイヤーゲームなのかどうか
  • キャンペーンは継続するのか、それとも終わりがあるのか
  • エンドユーザーは新しいスキルを習得する旅に出るのか、より野心的な構想に基づいて企業文化を変える旅に出るのか

 これらのアイデアは、アプリケーションがエンドユーザー自身の目標を達成する動機付けになる。うまくいけば、目標の幾つかは企業の目標に重なる。こうしたアイデアを実現するには、開発者はアプリケーション設計に行動心理学の要素を取り入れる必要があり、実現は難しい。バーク氏は、小規模なパイロット運用から始めて、テストを繰り返すことでゲーミフィケーションアプケーションを進化させることを推奨する。


 第3回は、ゲーミフィケーションアプリケーションを開発する際のプロダクトマネジメントについて解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...