Windows 10が快適に動く“本当の最低PC”スペックはこれだWindows 10パフォーマンス問題「5つの対処法」【第2回】

システム要件は、手元のPCでWindows 10が動くかどうかの確認には役立つものの、快適に使えることを保証するわけではない。快適な動作には、PCにどの程度のスペックが必要なのか。“現実的なシステム要件”を探る。

2022年07月10日 10時30分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 PCがクライアントOS「Windows 10」を動作させるには、Microsoftが公開しているシステム要件を満たせばよい。ただし動作することと、快適に利用できることは別だ。現実的には、Windows 10搭載PCには以下のスペックが必要になると考えられる。

公式の倍どころじゃない? Windows 10“真のシステム要件”はこれ

  • プロセッサまたはSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)
    • 動作周波数(クロック周波数)1.8GHz
  • メモリ
    • Windows 10が32bit版の場合は容量4GB、64bit版の場合は8GB
  • ストレージ
    • 容量256GB、ストレージインタフェース規格「SATA Revision 3.x」に準拠
      • より快適に使いたい場合は、形状規格「M.2」およびストレージインタフェース規格「NVM Express」(NVMe)に準拠したストレージを選択する。
  • ビデオカード
    • グラフィックス処理技術群「DirectX」バージョン12以降に準拠
      • DirectX 9の登場は2002年にさかのぼる。現在使われているほとんどのPCではまず見かけない。DirectX 12でも登場は2015年にさかのぼるものの、基本機能はDirectX 9と比べてはるかに優れている。
  • ディスプレイ
    • 解像度1920×1080ピクセル
      • Windows 10のシステム要件である800×600ピクセルのディスプレイは、2005年ごろ以降のPCではまず見かけない。2015年までには1366×768ピクセル前後のディスプレイ(HDディスプレイ)が標準となった。現代のエンドユーザーの生産性を保つためには、最低でも1920×1080ピクセル前後のディスプレイ(フルHDディスプレイ)が必要だ。

 企業がWindows 10搭載PCを生産性向上に生かすためには、どのようなスペックのPCを利用する必要があるのだろうか。第3回は、ビジネスでWindows 10を快適に利用可能なPCスペックを整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...