2022年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

Salesforceの「NFT Cloud」とは? 社員はなぜ抗議したのか?Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【前編】

NFTの作成と販売のためのクラウドサービス「NFT Cloud」の試験提供を進めるSalesforce。こうした同社のNFT関連事業は、従業員の批判を集めている。NFTが抱える問題点とは。

[Don Fluckinger,TechTarget]

 CRM(顧客関係管理)ベンダーのSalesforceは、NFT(非代替性トークン)のクラウドサービス「NFT Cloud」の提供を試みている。NFT Cloudは2022年2月の計画公表時に、従業員から抗議を受けたサービスだ。

従業員が抗議? 物議を醸すSalesforceのNFTサービス

 NFTはブロックチェーンに存在するトークン(データの単位)であり、唯一無二のアイテムの所有権を表す。有形アイテムや無形アイテムを表すデジタル資産となる。有形アイテムの例には、物理的な商品やアートワークなどがある。無形アイテムの例は、楽曲の権利やデジタルメディア、コミュニティーのメンバー権などだ。

 「NFT Cloudは、ユーザー企業がNFTの作成と管理、販売をするためのサービスになる」と、Salesforceの新興技術担当シニアバイスプレジデントを務めるアダム・キャプラン氏は述べる。NFT Cloudは2022年6月時点で、ユーザーを限定して試験提供している。同社は2022年10月にNFT Cloudの一般提供を開始する計画だ。

 NFTはさまざまな理由から議論を呼んでいる。具体的には、

  • セキュリティの懸念
  • 金融資産としての規制の不十分さ
  • 運用のための大量のエネルギー消費による地球環境への負荷

などの問題が挙げられると、NFT技術コンサルタントのジョン・ヒューズ氏は説明する。ヒューズ氏は、NFTマーケットプレースを開発するNearMint.nftのCEOを務める。

 ヒューズ氏が挙げた3つの問題は全て、Salesforceの400人の従業員が署名した抗議文でも取り上げられていた。この抗議文は、同社がNFT関連事業に参入する計画を公表した際に作成された。米TechTargetはSalesforceに、これらの問題に対する従業員の懸念についてコメントを求めたが、回答はなかった。

批判に対するSalesforceの見解は

 Salesforceによると、NFT Cloudは大規模な計算処理を伴う「コンセンサスアルゴリズム」の選択を工夫し、運用に伴うエネルギー消費を抑えている。コンセンサスアルゴリズムは、ブロックチェーンにおける合意形成の正当性を確認するアルゴリズムだ。こうした姿勢は、サステナビリティ(持続可能性)を支援するという、同社の従来の主張と一致する。

 一般提供開始後にNFT Cloudで利用できるブロックチェーン技術を、Salesforceの広報担当者は明言していない。ただし同社は、独自のブロックチェーン技術を構築するつもりはないと述べている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...