2022年07月08日 10時00分 公開
特集/連載

甘く見てはいけない捏造動画「ディープフェイク」の脅威 知人でも気付かない?「ディープフェイク」にだまされないためには【前編】

ディープフェイク攻撃は政治家や芸能人にとどまらず、最近は企業にも被害が広がっている。対抗するためには、まず仕組みを知る必要がある。ディープフェイクの要点をまとめた。

[Ashwin Krishnan,TechTarget]

 攻撃者が仕事上の関係者や著名人になりすまし、相手をだます捏造(ねつぞう)映像「ディープフェイク」。深層学習(ディープラーニング)技術を利用して偽(フェイク)の情報を発信することから、その名が付いた。

 近年は深層学習技術の進化とともに、ソーシャルメディアには個人情報があふれ、攻撃者にとってディープフェイク攻撃を仕掛けるハードルが下がっている。特にロシアによるウクライナ侵攻に伴い、ウクライナの政治家になりすましたディープフェイク攻撃が活発化するようになった。

リアル過ぎて気付かない「ディープフェイク」の“なめてはいけない実態”

 企業にとってもディープフェイクは注意すべき脅威だ。セキュリティ専門家によれば、ディープフェイク攻撃を仕掛ける攻撃者の標的が、企業にも拡大。標的企業の従業員に不正決済をさせたり、機密情報を盗んだりするといった攻撃が発生している。

 米紙『Wall Street Journal』(WSJ:ウォール・ストリート・ジャーナル)によると、2019年に発生したあるディープフェイク攻撃では、攻撃者が大手エネルギー企業の最高経営責任者(CEO)になりすまし、子会社のCEOに24万3000ドルを送金させた。この攻撃では、攻撃者は人工知能(AI)技術を使った音声合成ソフトウェアを利用し、本物の本社CEOにそっくりの声で会話をしたという。被害者になった子会社のCEOは「あまりにもリアルで詐欺には気付かなかった」と語る。

 AIをはじめとした技術が進化を続けるにつれ、ディープフェイク攻撃による被害が広がる可能性がある。企業はまず、ディープフェイク攻撃はどのような仕組みなのかを把握し、自社も被害者になるリスクを認識することが重要だ。それを踏まえ、ディープフェイクにだまされないための行動について社内に通知し、従業員のトレーニングに取り組まなければならない。


 中編は、ディープフェイク攻撃の種類を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...