「Tableau CRM」を「CRM Analytics」に改称したSalesforceの狙いTechTarget発 世界のITニュース

Salesforceは「Einstein Analytics」や「Tableau CRM」などの名称で提供してきた分析ツールを改称。それに伴い、Slackとの連携などの新機能を追加する。

2022年06月09日 05時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

 CRM(顧客関係管理)ツールベンダーのSalesforceは、AI(人工知能)技術を活用した分析ツール「Tableau CRM」の名称を「CRM Analytics」に変更。同社はこの改称に伴い、CRM Analyticsに新機能を追加した。

2022年夏に提供開始 「CRM Analytics」の新機能とは?

 CRM Analyticsは、Salesforceが2017年に「Einstein Analytics」として発表し、2020年後半にTableau CRMに改称していた分析ツール。SalesforceはCRM Analytics以外にも、製品名の変更を相次いで実施している。同社が買収した企業であるTableau SoftwareやDatoramaなどのブランド名ではなく、製品の機能を名称に反映させた。

 2022年6月に、CRM Analyticsの以下の新機能が順次提供を開始する。

  • CRM Analytics for Slack:ビジネスチャットツール「Slack」からSalesforceのレポートやダッシュボードに直接アクセスできる。可視化された分析結果に基づき、共有やディスカッション、意思決定を容易にする。
  • Einstein Discovery Predictions in Slack:Salesforceのレポートから機械学習によって集約された売上予測をSlackに表示し、取引や顧客離脱、請求書遅延のリスク分析を支援する。
  • Search Insights:自然言語クエリを用いた検索により、ダッシュボードやデータセットを見つけやすくする。

 2022年夏にSalesforceが提供を開始する新機能はこれだけではない。同社は、営業支援(SFA)およびCRMツールの「Sales Cloud」とCRM Analyticsを組み合わせ、収益管理ツール「Revenue Intelligence」を提供している。このツールは販売と収益のサイクル全体に関するインサイト(洞察)を提供する。同社は2022年夏に、金融サービス、製造、消費財、通信と、4業種別のRevenue Intelligenceのバージョンを発表する計画だ。

「Net Zero Cloud」の新機能

 SalesforceはCRM Analyticsの分析とダッシュボードを活用し、温室効果ガス排出量を測定するツール「Net Zero Cloud」のバージョン2.0を提供している。同ツールには2022年4月、新機能「Net Zero Analytics」が加わった。この機能はユーザー企業のカーボンフットプリント(製品ライフサイクルを通したCO2=二酸化炭素の排出量)を計算して、その結果をダッシュボードに表示する。Salesforceによるとこの機能は、「ネットゼロ」(実質的CO2排出ゼロ)のための計画立案と、その進捗(しんちょく)を測定するためのデータが必要な企業に最適だという。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...