“データ集めのプロ”なんていらない PwCが語る「CIOが本当に重視すべき力」PwCに聞く、CIOが戦略的指導力を発揮する方法【後編】

企業の間でデータ活用を重視する動きが広がっている。データの真価を引き出すために、CIOは従業員にどのようなスキルを求めるべきなのか。PwCに聞く。

2022年04月07日 05時00分 公開
[Diann DanielTechTarget]

関連キーワード

CIO | クラウドサービス | 社員教育


 前編「デジタル化促進で脚光を浴びるCIO 企業の成長に必要な『戦略的指導力』の鍵は」に続き、後編もコンサルティング会社PricewaterhouseCoopers(PwC)で米国のクラウドおよびデジタルリーダーを務めるジェニー・ケーラー氏に「CIOが戦略的指導力を発揮する方法」について聞く。今回のテーマは、「チェンジマネジメント(企業の業務変革を効率的に推進するマネジメント手法)の推進と従業員のデジタルスキル向上に関してCIOができることは何か」だ。

課題は「従業員のデジタルスキル向上」 CIOが最も重視するスキルとは

―― 従業員のデジタルスキルを高める必要性についてはどのように考えますか。

ケーラー氏 CIOはデジタルスキルを向上させる方法に頭を悩ませている。新たな技術をビジネスに導入する意義を理解しているからだ。

 調査「Next in Work」(注1)で、回答したCIOの約半数が「データ分析」を最も重要なスキルと答えていたことが興味深い。データ分析スキルを持つ従業員は、ビジネスの最前線にすぐに立つことになる。CIOは、データを集めるだけでなく、データについて創造的に考えるための分析スキルが従業員にあるかどうかを問う必要がある。IT部門が優れたツールを構築し、リアルタイムなデータを提供できるとしても、従業員がそれを手に取って使わなかったら「あのツールの価値が分からない」という感想を聞く羽目に陥る可能性がある。

※注1:PwCが2021年8月に実施した調査。調査対象は、CIO、CFO(最高財務責任者)、CISO(最高情報セキュリティ責任者)を含む米国の経営幹部。

―― デジタル化の推進や従業員のスキル向上の取り組みをリードする上で、CIOが取れる戦略的手法は何でしょうか。具体的に教えてください。

ケーラー氏 最初のステップは、従業員教育に関する手法の整備だ。CIOは目標を設定し、ITの基礎知識を身に付けられるよう指導する。例えば相手が経営幹部なら「クラウドとは何か」「その構成要素とは」といったテーマで知識を提供する講義を実施する。もし私がCIOとしてITに関する話し合いに参加するなら、そのときこそ皆のIT知識や理解のレベルを引き上げる教育のタイミングだと考える。

 チェンジマネジメント施策の第一歩としてCIOは、ガバナンスや支援が企業のさまざまな要所にまたがって存在することを周知する必要がある。

 新しい技術を採用し、受け入れようとする従業員個人の意欲を促すには、ただキーボードをたたくだけでは足りない。CIOは、従業員のデジタルスキル向上に正面から取り組む必要がある。ITのモダナイゼーション(最新化)によって仕事の性質が変わり、事務作業やデータ収集作業が減れば、思考や分析の比重が高まる可能性がある。その場合、今まで使っていたスキルとは別のスキルが必要になる。

 CIOはあらゆるものの安全性を確保する責任がある。CIOがサイバーセキュリティを気にしているという話も繰り返し語られている。ビジネステクノロジーの変革を成功させるに当たって、人間的な配慮は欠かせない軸となる。こうした現実を反映するチェンジマネジメント施策を用意しなければならない。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...