Googleが「Looker」「Data Studio」など分散していたBIツールの連携強化TechTarget発 世界のITニュース

GoogleはBIツールの「Looker」や「Data Studio」、「Connected Sheets」の機能連携を強化する。これにより得られる効果とは。何が変わるのか。

2022年06月07日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

 Googleは複数のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを統合的に利用できるようにする計画を発表した。セルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)ツールである「Looker」と「Google Data Studio」(Data Studio)の他、「Google Connected Sheets」(Connected Sheets)が対象になる。Connected Sheetsはクラウドデータウェアハウス「BigQuery」のデータと表計算アプリケーション「Googleスプレッドシート」を接続するツール。今後、各ツールはより密接に連携して使えるようになる。

 2020年2月、GoogleはLookerを提供するLooker Data Sciencesを26億ドルで買収した。この買収の時点で、Googleはすでにセルフサービス型のBIツールを提供していた。企業向け分析ツール群「Google Analytics 360 suite」の一部として、Data Studioを2016年に提供開始していたからだ。その後、GoogleはBigQueryやConnected Sheetsの提供も開始した。

GoogleのBIツール連携強化で何が実現する?

 Googleによる買収後、Lookerはマーケティング用の分析ツール群「Google Marketing Platform」に組み込まれるなど、Googleのツールとの連携は進んだ。だがGoogleのBIツールとは別物だった。今回、Connected SheetsとLookerの接続ツール「Connected Sheets for Looker」や、Data Studio経由でLookerのデータモデル(データの要件や定義)にアクセスする機能の追加により、状況は変わった。

 Lookerの主な特徴の一つは、データモデリング言語「LookML」のセマンティックレイヤー(生データに意味付けをする共通データ)を介して提供するデータガバナンス機能だ。この機能はデータの整合性を保つ他、複雑なデータをエンドユーザー向けに単純化し、企業のデータ標準化を支援する。

 LookerとData Studio、Connected Sheetsを密接に連携させる計画において、以下が可能となった。LookerのユーザーはConnected Sheets for Lookerを使うことで、ピボットテーブルやチャートなどのデータ資産を専門的なスキルなしに作成できるようになった。他にも、Data StudioのユーザーはLookerで開発したデータモデルをData Studioで使ったり、Lookerでの分析をData Studioにインポートしたりできる。

 Googleの副社長兼データベース、データアナリティクス、Looker担当ゼネラルマネジャーのゲリット・カズマイヤー氏は、「最も重要なポイントは、Data StudioとConnected SheetsのユーザーがLookerのデータガバナンス機能を利用できるようになることだ」とコメントする。一方で同社のプロダクトマネジメント担当シニアディレクターのサディール・ハズビー氏は、「ユーザーは自分の好みのBIツールを利用しやすくなる」と説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...