2022年06月07日 05時00分 公開
ニュース

Googleが「Looker」「Data Studio」など分散していたBIツールの連携強化TechTarget発 世界のITニュース

GoogleはBIツールの「Looker」や「Data Studio」、「Connected Sheets」の機能連携を強化する。これにより得られる効果とは。何が変わるのか。

[Eric Avidon,TechTarget]

 Googleは複数のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを統合的に利用できるようにする計画を発表した。セルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)ツールである「Looker」と「Google Data Studio」(Data Studio)の他、「Google Connected Sheets」(Connected Sheets)が対象になる。Connected Sheetsはクラウドデータウェアハウス「BigQuery」のデータと表計算アプリケーション「Googleスプレッドシート」を接続するツール。今後、各ツールはより密接に連携して使えるようになる。

 2020年2月、GoogleはLookerを提供するLooker Data Sciencesを26億ドルで買収した。この買収の時点で、Googleはすでにセルフサービス型のBIツールを提供していた。企業向け分析ツール群「Google Analytics 360 suite」の一部として、Data Studioを2016年に提供開始していたからだ。その後、GoogleはBigQueryやConnected Sheetsの提供も開始した。

GoogleのBIツール連携強化で何が実現する?

 Googleによる買収後、Lookerはマーケティング用の分析ツール群「Google Marketing Platform」に組み込まれるなど、Googleのツールとの連携は進んだ。だがGoogleのBIツールとは別物だった。今回、Connected SheetsとLookerの接続ツール「Connected Sheets for Looker」や、Data Studio経由でLookerのデータモデル(データの要件や定義)にアクセスする機能の追加により、状況は変わった。

 Lookerの主な特徴の一つは、データモデリング言語「LookML」のセマンティックレイヤー(生データに意味付けをする共通データ)を介して提供するデータガバナンス機能だ。この機能はデータの整合性を保つ他、複雑なデータをエンドユーザー向けに単純化し、企業のデータ標準化を支援する。

 LookerとData Studio、Connected Sheetsを密接に連携させる計画において、以下が可能となった。LookerのユーザーはConnected Sheets for Lookerを使うことで、ピボットテーブルやチャートなどのデータ資産を専門的なスキルなしに作成できるようになった。他にも、Data StudioのユーザーはLookerで開発したデータモデルをData Studioで使ったり、Lookerでの分析をData Studioにインポートしたりできる。

 Googleの副社長兼データベース、データアナリティクス、Looker担当ゼネラルマネジャーのゲリット・カズマイヤー氏は、「最も重要なポイントは、Data StudioとConnected SheetsのユーザーがLookerのデータガバナンス機能を利用できるようになることだ」とコメントする。一方で同社のプロダクトマネジメント担当シニアディレクターのサディール・ハズビー氏は、「ユーザーは自分の好みのBIツールを利用しやすくなる」と説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...