「セルフサービス分析」ツールは機能で選ぶと失敗する?「セルフサービス分析」市場は今【中編】

「セルフサービス分析」ツールを選定する際に「機能だけで選ぶと失敗する」という専門家の声がある。どういうことなのか。何を基準に選べばよいのか。

2020年11月18日 05時00分 公開
[Lisa MorganTechTarget]

 ベンダーはユーザー企業の事業部門にSaaS(Software as a Service)を販売することもあれば、IT部門にオンプレミス製品を販売することもある。どちらを選ぶにせよ、データの確実な利用と適切なデータガバナンスを実現するために、IT部門が導入に関与するのが一般的だ。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の初期段階にある企業は「包括的な事前構築済みのSaaSを利用するのが適切だ」と、調査会社ABI Researchでリサーチアナリストを務めるカテリーナ・ダブロバ氏は指摘する。ダブロバ氏によると、企業内でDXの取り組みが進み、分析機能やデータ管理機能に対するニーズの上昇が目立つようになると、カスタマイズの度合いやベンダーロックインの可能性が重要な考慮事項になる。

 エベルソン氏は顧客に対して「特徴や機能だけに基づいてベンダーを選ぶべきではない」と警告する。あるベンダーが独自の機能を導入しているとしても、その独自性が長く保たれることはないためだ。むしろ、同氏は他の種類の基準に注目することを勧める。

セルフサービス分析選びで機能よりも重要な“あの視点”

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。