2020年11月18日 05時00分 公開
特集/連載

「セルフサービス分析」ツールは機能で選ぶと失敗する?「セルフサービス分析」市場は今【中編】

「セルフサービス分析」ツールを選定する際に「機能だけで選ぶと失敗する」という専門家の声がある。どういうことなのか。何を基準に選べばよいのか。

[Lisa Morgan,TechTarget]

 ベンダーはユーザー企業の事業部門にSaaS(Software as a Service)を販売することもあれば、IT部門にオンプレミス製品を販売することもある。どちらを選ぶにせよ、データの確実な利用と適切なデータガバナンスを実現するために、IT部門が導入に関与するのが一般的だ。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の初期段階にある企業は「包括的な事前構築済みのSaaSを利用するのが適切だ」と、調査会社ABI Researchでリサーチアナリストを務めるカテリーナ・ダブロバ氏は指摘する。ダブロバ氏によると、企業内でDXの取り組みが進み、分析機能やデータ管理機能に対するニーズの上昇が目立つようになると、カスタマイズの度合いやベンダーロックインの可能性が重要な考慮事項になる。

 エベルソン氏は顧客に対して「特徴や機能だけに基づいてベンダーを選ぶべきではない」と警告する。あるベンダーが独自の機能を導入しているとしても、その独自性が長く保たれることはないためだ。むしろ、同氏は他の種類の基準に注目することを勧める。

セルフサービス分析選びで機能よりも重要な“あの視点”

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...