2019年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドDWH(データウェアハウス)は今までのDWHと何が違うのか?新人IT担当者でも分かるITトレンド

Googleの「BigQuery」やAWSの「Redshift」などの「クラウドDWH」が充実しつつある。クラウドDWHには、オンプレミスのDWHと比べてどのような特徴があるのだろうか。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

photo アクセンチュアデジタルコンサルティング本部 三原 哲氏

 クラウドサービスベンダーの間で、データウェアハウス(DWH)の機能をクラウドサービスにした「クラウドDWH」を提供する動きが広がっている。クラウドDWHはオンプレミスのDWHとは異なり、導入時のインフラ構築を不要にしたことが大きな特徴だ。

 選択肢が豊富になりつつあるクラウドDWHについて、アクセンチュアのデジタルコンサルティング本部でマネジング・ディレクターを務める三原 哲氏の話を基に解説する。

 本題に入る前にあらためてDWHの説明をしておこう。DWHとは、複数のシステムから収集したデータを保持するデータ保管システムだ。データの管理構造を事前に定義した「構造化データ」の扱いに長けている。複数のシステムのデータを収集・変換して一元的に扱えるようにする「データ統合」の処理を通じて、データを分析や活用の目的で蓄積できる。データ統合の代表例な手段に「ETL」(Extract、Transform、Load)ツールがある。

 主要なDWH製品は、取り込んだデータを複数のサーバやストレージに分散させて処理する「超並列処理」(MPP)技術をはじめ、データの大量取り込みと大量処理をしやすくする仕組みを盛り込んでいる。オンプレミスDWHのインフラ構築には、サーバやストレージ、ネットワーク機器といったハードウェアに加え、大量のデータのやりとりに特化したデータベース管理システム(DBMS)を準備する必要がある。

クラウドDWHの仕組みとメリット

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...