2020年11月24日 05時00分 公開
特集/連載

Power BI、Tableau、Qlik、Spotfire以外の“使える”セルフサービス分析ツールは?「セルフサービス分析」市場は今【後編】

「セルフサービス分析」市場の成長とツールの進化をけん引するのは、Microsoft、Tableau、Qlik、TIBCOだけではない。その他の主要ベンダーと、各社の取り組みを紹介する。

[Lisa Morgan,TechTarget]

 ビジネスインテリジェンス(BI)ベンダー各社は価格体系を見直しつつ「セルフサービス分析」ツールの改善を続けている。「最近は価格とパフォーマンスが、セルフサービス分析ツールの重要な要素になってきている」と、Gartnerバイスプレジデントアナリスト兼フェローのリタ・サラム氏は言う。

 連携対象の幅広さを売りにするのが、Microsoftのセルフサービス分析ツール「Power BI」だ。Power BIはサブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」をはじめ、同社のさまざまな製品・サービスと連携する。機械学習とデータ可視化のサービスを提供するBlue Orange Digitalで最高技術責任者(CTO)を務めるコリン・バン・ダイク氏がPower BIを評価するのは、表計算ツール「Microsoft Excel」やクラウドサービス群の「Microsoft Azure」、データベース管理システム(DBMS)の「SQL Server」と簡単に連携させることができるためだ。

 Tableau Softwareは2019年8月にSalesforceによって買収された。両社は統合前から、それぞれ買収を通じてセルフサービス分析機能を拡大させていた。「Tableauはイノベーターであり、ディスラプター(破壊者)であり、セルフサービス分析のリーダーでもある」とサラム氏は指摘する。

 サラム氏によると、Tableau、Qlik Technologies、TIBCO Software(Spotfireを買収)という3社のベンダーが、セルフサービス分析の進化をけん引した。「今ではAI(人工知能)技術による分析の自動化、インサイト(洞察)の自動生成、自然言語での質問機能が実現している」と同氏は語る。

各社のセルフサービス分析ツールの特徴

 MicrosoftやTableau、Qlik、TIBCO以外のBIベンダーも、さまざまなセルフサービス分析ツールを開発している。これらのツールの特徴を簡単に整理しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...