2020年11月23日 05時00分 公開
特集/連載

Alibaba Cloudの「OSS」「Apsara File Storage NAS」「Block Storage」の基礎「Alibaba Cloud」主要サービス一覧【中編】

中国の大手クラウドベンダーAlibaba Cloudは、IaaSを中心にさまざまなクラウドサービスを世界中で提供する。同社の主要なストレージ関連サービスの特徴を説明する。

[Sarah Neenan,TechTarget]

関連キーワード

クラウドストレージ | IaaS | NAS


 Alibaba Cloudは中国の大手クラウドベンダーで、Amazon Web ServicesやMicrosoft、Googleに匹敵する200個を超えるクラウドサービスを提供する。前編「Alibaba Cloudの『ECS』『Bare Metal Instance』『ACK』『Function Compute』の基礎」に続く本稿は、Alibaba Cloudの代表的なストレージサービスを3つ説明する。

Alibaba Cloudのストレージサービス

Object Storage Service(OSS)

 「Object Storage Service」(OSS)は大量のデータを格納するためのオブジェクトストレージサービスだ。企業はアプリケーションやWebサイトの画像、音声、動画ファイルなど、あらゆる種類の非構造化データを暗号化してOSSに保存できる。

 データの格納先は、オブジェクトの格納単位である「バケット」だ。IT担当者は自社の要件に合わせて、バケットが稼働するリージョン(地域データセンター群)やアクセス制御方法、ストレージの種類を設定できる。

 OSSには「標準」「低頻度アクセス」「アーカイブ」という3種類のストレージがある。標準ストレージは高可用性と信頼性を備え、頻繁なデータアクセスがあるストレージに適している。低頻度アクセスストレージとアーカイブストレージは、アクセス頻度が低いデータを低コストで保管するのに適している。

Apsara File Storage NAS

 「Apsara File Storage NAS」は、仮想マシンサービスの「Elastic Compute Service」(ECS)の仮想サーバ(インスタンス)やコンテナオーケストレーションサービス「Container Service for Kubernetes」(ACK)のノード(コンテナアプリケーションを実行するマシン)向けに、NAS(ネットワーク接続ファイルストレージ)を提供する。ファイルシステム当たりの最大容量は10PB(ペタバイト)だ。容量はファイルの追加時や削除時に自動的に拡大縮小する。保存時も転送中もデータを暗号化する。レプリケーションやバックアップのための機能も提供する。

Block Storage

 「Block Storage」はECSインスタンスでブロックストレージを利用するためのクラウドサービスだ。Alibaba Cloudの物理ディスクを利用してブロックストレージを運用できる。


後編は、Alibaba Cloudのデータベースサービスを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。