特選プレミアムコンテンツガイド
「NAS」「SAN」「DAS」の違いと「コンポーザブルインフラ」とは何か
「NAS」「SAN」「DAS」といったストレージや「コンポーザブルインフラ」にはそれぞれにメリットとデメリットがある。具体的には何が違うのか。ストレージの基礎を解説する。(2024/2/5)

「オンプレミス回帰」が起きている4つの理由【中編】
「オンプレミス回帰」はなぜ起きる? 企業がまず知るべきだった問題
クラウドストレージに移行したデータやアプリケーションをオンプレミスのストレージに戻してしまう「オンプレミス回帰」を選ぶ企業には、さまざまな理由がある。物理的、ビジネス的な観点において、何が足りなかったのか。(2023/11/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
本当に“使えるバックアップ”とは何なのか? 確実なデータ復旧のための要件
ビジネスにおけるデータの重要性が高まる中、バックアップには、データ消失リスクの解消、ダウンタイムの最小化など、より高度な要件が課せられるようになった。本当に“使えるバックアップ”とは何なのか、実現方法と合わせて解説する。(2023/11/6)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
ストレージを学びたい営業必見、基礎知識から提案時に抑えるポイントまでを解説
一口にストレージといっても、用途に応じて数多くの製品が存在している。営業担当者はそれぞれの特徴をしっかり把握した上で、顧客に適切な製品を提案していく必要がある。そのための基礎知識を、分かりやすく紹介する。(2023/10/18)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
主要製品を例に考える、顧客に合ったファイルサーバ用ストレージの選び方
市場には多種多様なファイルサーバ用ストレージがあふれているため、どの製品を提案すべきか悩んでいる営業担当者は多い。顧客環境とその規模、要望に応じて製品を選定するためのポイントを、デル・テクノロジーズの製品を例に紹介する。(2023/10/18)

無線LANと有線LANの消費電力【前編】
「無線LAN」と「有線LAN」はどちらが電力を食うのか? シナリオに分けて比較
ネットワークの分野では消費電力量削減への関心が強くなっている。一般的に無線LANは有線LANよりも消費電力量を抑制しやすいが、実際に削減できるかどうかは状況によって変わる。(2023/10/3)

NEWS
長野県千曲市の小中学校13校が「ファイルサーバ」刷新で約30%のデータを削減
長野県の千曲市教育委員会内の小中学校は、成績や教職員名簿などの校務データ、教育コンテンツなどを管理するファイルサーバを刷新。GIGAスクール構想でデータが増える中、データを削減しながら運用している。(2023/8/31)

22TB「以上」の価値をHDDに【後編】
Seagateが「HDD」と「NAS」の“統合”を進める本当の狙い
SeagateとQNAPの製品ポートフォリオが統合されることで、何が起きるか。両社は製品間の連携を強化することで、ユーザー企業にさらなる価値を提供しようとしている。(2023/8/15)

22TB「以上」の価値をHDDに【中編】
Seagateの「22TB」の新HDDと「20TB」を比較 今後の“見どころ”も
22TBのHDDを新たに発売したSeagate。新モデルの詳細を前モデルと比較しながら解説するとともに、今後の製品開発の動向について予測する。(2023/8/8)

22TB「以上」の価値をHDDに【前編】
Seagateの「22TB HDD」の面白さは“容量だけ”じゃない?
HDDベンダーのSeagateは最大容量22TBのHDDを発売した。HDDベンダーの競争は過熱しており、容量以外の面でも強みが必要になる。Seagateは22TB製品の発売の他、もう一つの強化点を発表した。(2023/8/1)

「脱クラウドバックアップ」の進め方【中編】
“脱クラウドバックアップ”をスマートに進めるためのチェックリスト
バックアップシステムのクラウドサービスをやめて、オンプレミスのバックアップシステムに移行するには、さまざまなことを考慮する必要がある。移行に失敗しないために確認すべきポイントをまとめた。(2023/6/28)

ゲノム解析とストレージ【第3回】
ゲノム解析機関が「SSD」を使いながらも“コストを抑制”できる理由
フランスの医療協力連合SeqOIAは、高スループットを実現するストレージシステムの実現に当たり、幾つかの課題に直面した。SeqOIAが導入した、無駄が出にくいストレージシステムとは。(2023/2/28)

ゲノム解析とストレージ【第2回】
「HDDの限界」がゲノム解析で露呈 何が問題だったのか?
フランスの医療協力連合は、ゲノム解析に使用するストレージシステムを刷新することにした。従来のストレージシステムには限界があったからだ。何が問題だったのか。(2023/2/23)

映画業界のファイル共有システム活用術【後編】
ホラー系の映画監督が使った「SSDのNAS」と「Dropbox」の実力
チームメンバーが異なる場所で別々に作業する場合に、重要になるのがファイル共有の仕組みだ。映画監督のダミアン・レベック氏が取り入れた仕組みとは。(2023/2/1)

Dropbox Japan株式会社提供Webキャスト:
ファイルサーバからの脱却が重要? クラウド活用で乗り切るランサムウェア対策
ランサムウェアなどのサイバー攻撃からデータを保護するための対策として、クラウドストレージにデータを保存する方法が注目されている。その理由を詳しく解説するとともに、セキュリティにとどまらないメリットについても紹介する。(2023/1/26)

映画業界のファイル共有システム活用術【中編】
ホラー映画監督が「Dropbox」とNASで実現した“リモート映像編集”とは
チームメンバーが各所で別々に作業をすることは、パンデミックが発生して以降は一般的になった。さまざま人が映像編集に関わる映画製作は、どう変わったのか。(2023/1/25)

映画業界のファイル共有システム活用術【前編】
映画監督が明かす リモートの映像編集を実現した“あのファイル共有”とは
パンデミックが発生して以降、遠隔で共同作業をすることは珍しくなくなった。大容量のファイルを扱う必要のある映画業界は、どのような手法を取り入れたのか。(2023/1/17)

Raspberry Piの基礎知識【後編】
Raspberry Piを思わず使ってみたくなる“意外過ぎる用途”とは?
シンプルで安価な「Raspberry Pi」には、さまざまな目的に応じた使い道がある。企業におけるRaspberry Piの具体的な用途を紹介する。(2022/12/23)

データ管理を救うクラウドストレージの要件
次世代クラウドストレージは何が違う? データ増大傾向でも安心できる理由
データの急増を受け、クラウドストレージの利用を検討している企業も多いだろう。一方、クラウドに移行したもののオンプレミスに回帰するケースも少なくない。このような状況下で、ある次世代クラウドストレージが注目されているという。(2022/11/28)

複雑化するバックアップ【後編】
Cohesityのバックアップに“大満足”の産業機器メーカー その理由は?
フランスの産業機器メーカーClaugerは社内のデータ量増加に伴い、バックアップシステムを刷新。Cohesityのバックアップシステムを導入した。どのような機能を持つのか。(2022/9/20)

複雑化するバックアップ【中編】
産業機器メーカーがCohesityのバックアップにほれ込んだ理由
企業内のデータ量増加に伴い、バックアップは複雑化する傾向にある。フランスの産業機器メーカーClaugerはバックアップシステムを刷新するため、Cohesityの製品を採用した。導入の決め手とは。(2022/9/12)

データ保護のベストプラクティス【前編】
「バックアップ」と「スナップショット」を混同しないための基礎知識
データ保護の基本的な手段として、バックアップとスナップショットがある。2つの違いと、それぞれのメリットは何かを解説する。(2022/8/15)

日本電気株式会社/ホワイトペーパー
収集から蓄積/分析まで、DX時代の大規模データ活用の課題をどう解消する?
DXが加速するにつれ、構造化/非構造化を問わず、全社内に存在する大量のデータの見える化や活用をどう実現するか悩む企業が増えている。その大量のデータを業務で活用するための分散処理基盤とはどのような仕組みなのか。(2022/8/8)

TechTarget発 世界のITニュース
中小企業の大容量ニーズを狙ったNexsanの「小型NAS」 その実力は?
Nexsanはエッジ向けのNAS「EZ-NAS」を発表した。中堅・中小企業のニーズに照準を合わせた製品だという。製品の特徴と、中堅・中小企業が必要とするNASの要件とは。(2022/9/6)

「ストレージ仮想化」の種類と選び方【中編】
ストレージ仮想化の「ホストベース」「アレイベース」「OSベース」「ファイルシステムベース」「ネットワークベース」の違いとは?
ストレージ仮想化には複数の方式があり、その特徴やメリットは異なる。5つのストレージ仮想化方式の仕組みと特徴を説明する。(2022/2/4)

大容量HDDへの高まるニーズ【後編】
HDDは「20TB」の時代 SeagateとWestern Digitalに違いはあるか?
Western Digitalだけではなく、Seagate Technologyも20TBの2種類のHDDを発売した。両社の20TB製品に違いはあるのだろうか。(2022/2/1)

「ストレージ仮想化」の種類と選び方【前編】
ストレージ仮想化の「ファイルレベル」「ブロックレベル」の違いとは?
ストレージ仮想化を仮想化の対象によって分類すると、「ファイルレベル」と「ブロックレベル」の2種類に大別できる。これらはどう違うのか。(2022/1/28)

大容量HDDへの高まる需要【前編】
「20TBのHDD」2種類をSeagateが発売 “従来型”で容量が増えた理由
企業が保管するデータ量が増大するにつれて、大容量ストレージへのニーズが強まっている。こうした中、Seagate Technologyは同社製品としては最大の20TBのHDDを販売開始した。20TBを実現した仕組みとは。(2022/1/17)

「Pwn2Own Austin 2021」レポート
ハッキング大会で攻撃がことごとく成功してしまった“不名誉”なIT製品とは?
ハッキング技術コンテスト「Pwn2Own Austin 2021」では、セキュリティ研究者が名声と賞金を懸け、NASやスマートフォン、ルーター、プリンタなどのデバイスの攻撃に挑戦した。どのような結果になったのか。(2021/12/25)

2人のITチームが選んだデータ保管方法【前編】
料理番組の会社が「Amazon S3」の“5日経過データ”をオンプレミスに戻す理由
America's Test Kitchenは「Amazon S3」とオンプレミスのストレージアプライアンスを併用するデータ保管の仕組みを構築した。導入した製品やその狙いは。(2021/11/25)

「追求し過ぎない」可用性の管理術【後編】
可用性の「計画策定で終わり」はよくある間違い 「人」こそが肝になる理由
可用性管理の成功に資するのは「人」だ。可用性管理の担当者はもちろん、企業の幹部といった周りの人を巻き込むことも重要になる。可用性管理の体制づくりのポイントは。(2021/10/12)

「追求し過ぎない」可用性の管理術【前編】
「稼働率100%」のためにコストをかける意味はあるのか?
システム稼働を停止させない「可用性」の追求は企業にとって重要だ。ただし極端に追求し過ぎると、高コストにつながる点は要注意だ。“程よい”可用性管理のこつは。(2021/10/5)

膨大なデータ処理を変える技術【後編】
「GPUDirect Storage」はストレージのスループット改善にどれだけ効果的なのか?
GPUによるデータ処理を高速化するNVIDIAの「GPUDirect Storage」は、大量のデータを扱う用途で活用が進む可能性がある。その可能性を考える上では、ストレージベンダーの取り組みが鍵になる。(2021/9/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
3DCG制作に必要なハイスペックPC環境、サンジゲンはこの制約をどう乗り越えた?
3DCGアニメーション制作では、ハイスペックなワークステーション環境が欠かせない。だが、アニメ制作会社のサンジゲンは、この課題を乗り越えて遠隔拠点からのリモート化を実現したという。業界特有の課題をどう解消したのか。(2021/9/10)

クラウド移行コストを漏れなく計算する3つのステップ【前編】
脱オンプレミスからのクラウド移行が「お得」かどうかを見極める方法
オンプレミスシステムとクラウドサービスのコストを比較するには、複雑な計算が必要となる。両方のコストを見積もるとき、最初に考慮すべき事項を説明する。(2021/8/5)

NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【後編】
“脱NAS”とSAN導入を中堅・中小企業が考えたくなるタイミングとは?
現在利用中のシステムに「NAS」の性能が追い付かなくなってきたら、「SAN」への移行を検討するきっかけになる。中堅・中小企業がNASからSANへの移行を考える最適なタイミングを考察する。(2021/6/3)

NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【中編】
「NAS」をやめて「SAN」に移る目安とは? 可用性、信頼性、データ保護の問題
中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に移行するかどうかを見極める判断基準として、「可用性」「信頼性」「データ保護」の視点がある。事業継続性のリスクを排除するという観点で注目すべき「移行の目安」とは。(2021/5/27)

NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【前編】
中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に乗り換えたくなる性能、拡張性の理由
今や中堅・中小企業でもSANは手が届きやすい存在になった。だからといってNASが時代遅れになったわけではない。NASからSANに乗り換えるとすれば、いつ決断すればよいのか。それを決めるヒントを紹介する。(2021/5/20)

NEWS
従業員300人以上の企業7割が「DXの必要性を実感」、フレクトの調査から
フレクトが実施した「企業のDX化に関する実態調査」によると、従業員300人以上の企業は約7割がDXの必要性を実感していた。一方で、DXに「コスト削減」など「守りのIT」の効果を期待している傾向がうかがえた。(2021/4/23)

5つの検討ポイント
オンプレかクラウドか、非構造化データ用ストレージの選び方
非構造化データの増大は頭痛の種でもあるが、分析によって価値を引き出せる可能性がある。分析を前提にこのデータを効率的に保存するにはどんな方法があるのか。(2021/4/22)

データレイク構築のススメ【後編】
データレイク、オンプレ運用か? クラウド利用か?
データレイクの構築を決断したとして、オンプレミスで運用するのが適切なのか。クラウドを利用すべきなのか。各社の製品とサービスを紹介する。(2021/4/14)

データ活用とDXを推進する次世代ストレージ
増え続けるデータの保管・分析を成功に導く「階層型ストレージ」構築方法
データの増加に伴うストレージの拡張や、効果的なデータ分析へのニーズは、企業の悩みの種だ。DXを促進し、データにまつわるさまざまな運用・管理の手間を簡略化し得る「ハイブリッドなデータインフラ」とはどのようなものか。(2021/4/5)

南極調査船のストレージシステム【前編】
南極調査船の「内蔵ストレージシステム」とは? 大量の調査データを守り切る
英国南極観測局(BAS)は、南極調査船の初航行に向けて調査データ保存用のストレージシステムを構築した。過酷な環境で大量のデータを運用するために、採用した製品とは。(2021/3/23)

クラウドビッグ3のファイルストレージ
クラウドファイルストレージの5つのメリット
かつてクラウドストレージといえばオブジェクトストレージだったが、クラウド大手3社はファイルストレージも提供するようになった。クラウドのファイルストレージのメリットとは何か。(2021/3/11)

分散拠点のファイルアクセスを実現
20%のコスト削減に成功したクラウドNAS導入事例
北米やアジアに複数の拠点を擁する建築会社が、ストレージをオンプレミスからクラウドNASに移行。各地からのファイルアクセスとコスト削減に成功した。(2021/3/9)

TechTargetジャパンクイズ
「NAS」「SAN」「DAS」の違いが分かる5問クイズ
「NAS」「SAN」「DAS」の基礎知識を確認できるクイズを掲載したブックレットを公開しました。TechTargetジャパン会員であれば無料でダウンロードできます。(2021/3/2)

TechTarget発 世界のITニュース
Rubrik、非構造化データバックアップIgneousの技術を買収 その理由は?
Rubrikは、非構造化データ向けバックアップを手掛けるスタートアップIgneous Systemsが持つ主要技術とIPを買収した。なぜRubrikは買収に踏み切ったのか。(2021/2/9)

フラッシュよりHDD
HDDを活用すべき5つのユースケース
フラッシュストレージの低価格化・大容量化はHDDの終わりを意味しない。HDDの方が向いている用途もある。(2021/1/25)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】
コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策
リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。(2021/1/21)

統合ストレージへの道【後編】
ファイル/オブジェクトストレージ統合の可能性
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合するメリットはあるのか。統合による影響とは何か。(2021/1/14)