ホラー系の映画監督が使った「SSDのNAS」と「Dropbox」の実力映画業界のファイル共有システム活用術【後編】

チームメンバーが異なる場所で別々に作業する場合に、重要になるのがファイル共有の仕組みだ。映画監督のダミアン・レベック氏が取り入れた仕組みとは。

2023年02月01日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 映画製作においては、複数のチームメンバーが映像編集に関わることが一般的だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)発生以降、1カ所に集まらない働き方が広がる中、映画製作も変わりつつある。ホラー系の映画監督であるダミアン・レベック氏は、ファイル共有に新たな手法を取り入れた。どのような成果があったのか。

リモート作業に必要だった「SSDのNAS」と「Dropbox」

 レベック氏は、映像関連の機材やソフトウェアを提供するベンダーBlackmagic Designのストレージ製品「Blackmagic Cloud Store」を採用した。Blackmagic Cloud Storeの中核は、SSDを搭載したNAS(ネットワーク接続ストレージ)だ。オンラインファイル同期サービスの「Dropbox」と同期することができる。

 Blackmagic Cloud Storeについてレベック氏は、「プロキシ映像(作業用の軽量な映像ファイル)を編集する際、データ読み書きにおいて十分な性能を備えている」と評価する。一方で、Blackmagic Cloud Storeと同期するDropboxを利用する際は作業のスピードが落ちる傾向にあり、「それが問題点の一つだ」と同氏は言う。

 複数人でDropboxなどのオンラインファイル同期サービスを利用する際は、ファイルへのアクセス制御を実施したり、誤ってファイルを削除することを防止したり、データ複製の手間を省いたりする機能が必要だとレベック氏はみる。「オリジナルの映像ファイルの全てに、作業者の全員がアクセスできるようにすべきではない」(同氏)

 レベック氏はBlackmagic Cloud Storeを導入したことで、従来の方法で映像を保管したり、編集したりするよりもコストを節約できているという。ただし同氏はBlackmagic Cloud Storeは機能が限定された“ニッチな製品”だと捉えており、将来的には「LucidLink」や「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)といったクラウドストレージの利用も視野に入れているという。

 「リモートオフィスがあるとか、複数人で映像ファイルを共有したり、編集したりする場合、Blackmagic Cloud Storeは役に立つ」とレベックは語る。一方で小規模なチームで映像を製作する場合は「Blackmagic Cloud Storeが必要だとは言い切れない」と同氏は言う。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...