2023年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

映画監督が明かす リモートの映像編集を実現した“あのファイル共有”とは映画業界のファイル共有システム活用術【前編】

パンデミックが発生して以降、遠隔で共同作業をすることは珍しくなくなった。大容量のファイルを扱う必要のある映画業界は、どのような手法を取り入れたのか。

[Adam ArmstrongTechTarget]

 さまざまな業界で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)発生以降、仕事の仕方が変わった。映画業界も例外ではなかった。ホラー系の映画監督であるダミアン・レベック氏は「過去2年間は“ノーマル”がなかった」と言い、「映画製作はプロセスが一変した」と振り返る。変える必要があったのは、大容量データの保管や移動の方法だ。

“あのファイル共有”でリモートの映画製作を実現

 映画業界でも遠隔での共同作業が一般的になりつつある。レベック氏は映画の最新作を制作に当たり、映像関連の機材やソフトウェアを提供するベンダーBlackmagic Designのストレージ製品「Blackmagic Cloud Store」を採用した。

 Blackmagic Cloud Storeの中核は、ストレージインタフェース「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)で接続するSSD搭載のNAS(ネットワーク接続ストレージ)だ。これ以外にも、遠隔での共同作業を支援するために以下の機能を備える。

  • オンラインファイル同期サービスの「Dropbox」や「Google Drive」と同期
  • Blackmagic Designの小型NASと同期

 映像編集に関するソフトウェアを同梱していることもBlackmagic Cloud Storeの特徴だ。Blackmagic Designの主要顧客が利用することを想定したストレージ製品となっている。

 調査会社Evaluator Groupのアナリストであるデイブ・ラフォ氏によれば、Blackmagic Cloud Storeは、NasuniやCTERA Networks、Panzuraなどが提供するファイル共有システムと同じ製品カテゴリーに入り、この製品カテゴリーにおける主要製品の一つだ。Blackmagic Cloud Storeはクラウドストレージではなく、可搬のオンプレミスストレージを提供することが特徴だと言える。

 ラフォ氏によると以下の機能は企業向けのストレージ製品が備えていることが珍しくないものの、Blackmagic Cloud Storeでは利用できない。

  • レプリケーション(データの複製)
  • スナップショット(ストレージ内のある時点の複写)
  • シンプロビジョニング(容量の仮想割り当て)
  • 重複除去
  • 災害復旧(DR)
  • 暗号化

 ただしBlackmagic Cloud StoreはSSDを搭載している他、耐障害性を高めるためにRAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)機能を搭載している。ファイル共有サービスとの同期も可能だ。これらは映像編集用のストレージには欠かせない特徴だと言える。

 Blackmagic Cloud Storeには容量が20TB、80TB、320TBのモデルがある。これらのモデルの他、「Blackmagic Cloud Store Mini」や「Blackmagic Cloud Pod」など、より小型のNASを併用することができる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...