Azure純正の管理ツール「Microsoft Azure Portal」と「Azure CLI」の違いとは?「AWS」「Azure」「GCP」を基本要素で比較する【第4回】

Microsoftの「Microsoft Azure」は、「AWS」に似たサービスや特徴を持つ。しかしMicrosoft製品をクラウドインフラで動かす場合に、Azureは独自のメリットをもたらす。それは何か。

2023年02月01日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 Microsoftはクラウドサービス群の「Microsoft Azure」を提供している。Azureは、Amazon Web Services(AWS)の同名サービス群と同様に、広く使われている大手クラウドサービスだ。Azureの主要な管理方法と、料金体系の特徴を説明する。

Azureの管理方法と料金体系を解説

管理ツール

 MicrosoftはAzureの管理ツールとして、Webブラウザベースの「Microsoft Azure Portal」を提供している(画面4-1)。Microsoft Azure Portalは比較的簡単に操作できる。ほとんどのAzureサービスとリソースをMicrosoft Azure Portalで管理できるので、必ずしもコマンドラインインタフェース(CLI)を使わなくてもよい。

画面 画面4-1 Microsoft Azure Portalの画面例(筆者がスクリーンショットを取得)《クリックで拡大》

 CLIを使用したい人のために、Microsoftは「Azure Command-Line Interface」(Azure CLI)を提供している。AWSの「AWS Command Line Interface 」(AWS CLI)と同様に、Azure CLIはMicrosoftの「Windows」やAppleの「macOS」、オープンソースの「Linux」といったOSにインストールできる。コンテナ管理ツール「Docker」でAzure CLIを実行することも可能だ。

 Azure CLIはLinuxとほぼ同一のコマンドを使用する。Microsoftは、Windowsが搭載するCLI「PowerShell」で、直接Azureを管理可能にするアドオン「Azure PowerShell」も提供している。

料金体系

 Azureが従量課金制であることは、他の主要なクラウドサービスと変わらない。ただしユーザー企業が最終的に支払う金額は、複数の要因に左右される。Microsoftは、Azureでさまざまな処理を実行した場合のコストを試算するための、利用料金計算ツール「Pricing calculator」(料金計算ツール)を提供している。


 第5回は、Googleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...