医療機関CTOが明かす「ネットワーク自動化」導入成功の“3大ステップ”とは米国医療機関が挑む「ITの変革」と「ITによる変革」【第4回】

米国医療機関Wexner Medical Centerは、3つステップに分けてネットワーク自動化を導入したという。各ステップの内容とは。CTOに聞いた。

2023年02月02日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 Ohio State University(オハイオ州立大学)付属の医療センターWexner Medical Center(以下、WMC)は、外来患者数の増加に備えた堅牢(けんろう)なシステム構築の一環として、ネットワークの改善に着手。その手段として、ネットワークの構成や運用を自動化する「ネットワーク自動化」を選んだ。

Wexner Medical Centerの「ネットワーク自動化の導入戦略」

 WMCは3つのステップに分けて、ネットワーク自動化の導入を進めている。WMCで副最高情報責任者(Deputy CIO)および最高技術責任者(CTO)を務めるシジ・アテコヤ氏によれば、3つのステップは以下の通りだ。

  • ステップ1
    • ネットワーク担当者がネットワークのさまざまな構成を理解し、自動化できる業務を見極め、ネットワークの動作を推測できるようにする。
  • ステップ2
    • ネットワーク担当者が自動化すべき業務を判断し、それを実現するための制御内容をネットワークデバイスに配信できるようにする。
  • ステップ3
    • ネットワーク担当者が、ネットワークベンダーGluwareのネットワーク自動化ツールを利用し、自動化を大規模に実施する。

 WMCは、既に100種類以上の業務を自動化した。「ネットワーク全体の自動化に向けて取り組んでいる」とアテコヤ氏は説明する。

 ネットワーク自動化ツールを導入するに当たって「ツールによって提供する価値が違うことを認識する必要がある」とアテコヤ氏は言う。ネットワークの特定の部分のみを対象としたツールを使用したネットワーク担当者は、全体を見ようとせず、ある特定の領域だけを対象に自動化の成果を判断してしまう可能性がある。ネットワーク全体をくまなく分析することで、自動化の成果を正確に監視できるようになると、アテコヤ氏は考えている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...