DXの“勝ち組”医療機関を困らせた「駄目なネットワーク」の笑えない惨状米国医療機関が挑む「ITの変革」と「ITによる変革」【第1回】

米国の医療機関Wexner Medical Centerがデジタルトランスフォーメーション(DX)促進に向けて、ネットワークの改善に着手した。背景にはどのような課題があったのか。

2023年01月13日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 Ohio State University(オハイオ州立大学)に付属する医療センターのWexner Medical Center(以下、WMC)は、医療業界を導くリーダーになろうとしている。膨大な数の患者に質の高い医療を提供するために、WMCが目を向けたのが、ネットワークの改善だった。

DXを阻む“駄目なネットワーク”の惨状

 全米で有数の学術医療センターになり、画期的な医療サービスを提供する――。WMCで副最高情報責任者(Deputy CIO)および最高技術責任者(CTO)を務めるシジ・アテコヤ氏は、WMCの目標をこのように語る。WMCは、高いコストをかけるのではなく、効率を高める方法で、この目標の達成を目指す。そのための優先事項の一つに、デジタルトランスフォーメーション(DX)を据えている。

 DXに向けたWMCのこれまでの取り組みは、成果を上げていたという。だが「ネットワーク構成が複雑だという課題が残っていた」とアテコヤ氏は話す。以前のWMCのネットワークは、異なるデバイスや構成が混在し、管理が複雑になっていた。そのためIT部門のスタッフはネットワークの全容をほとんど可視化できないまま、膨大な数のデバイスとデータを管理せざるを得なかった。

 WMCは施設や拠点を積極的に拡大させていた。そのため「スケーラブルなネットワークが不可欠だった」とアテコヤ氏は言う。WMCは2022年度だけでも、2万4000人以上の従業員、5万8000人以上の新規入院患者、200万人以上の外来患者、16万5000件以上の遠隔診療患者を抱え、それぞれに関するデータを収集、保管している。

 毎年、WMCの利用者は増え続けているという。WMCが診察する患者や、従業員は「さらに数千人増える可能性がある」とアテコヤ氏は予想する。


 ネットワークのスケーラビリティーを重視したWMCは、ネットワークの構成や運用を自動化する「ネットワーク自動化」の導入を検討した。第2回は「ネットワーク自動化を導入すると、仕事が奪われるのではないか」というネットワーク担当者の懸念に、アテコヤ氏が回答する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...