医療機関CTOが断言「ネットワーク担当者に“自動化で失業”はない」の真相米国医療機関が挑む「ITの変革」と「ITによる変革」【第2回】

ネットワーク自動化を導入すると、自分の仕事が奪われるのではないか――。ネットワーク担当者が抱き得るこうした懸念は「正しくない」と、ネットワーク自動化を導入した医療機関CTOは断言する。その真意とは。

2023年01月19日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 Ohio State University(オハイオ州立大学)に付属する医療センターのWexner Medical Center(以下、WMC)は、ITシステムの運用効率化のためにネットワークの見直しを進めている。2022年度の外来患者が200万人を超えるWMCは、ネットワークの改善に向けて、どのような方法を採用したのか。

ネットワーク担当者が“自動化で失業”しない理由

 WMCは過去にヒューマンエラーで大規模なネットワークインシデントを起こした経験がある。こうした経験と事業拡大が続く状況から、WMCはネットワークベンダーGluwareのネットワーク自動化ツール群の導入に踏み切った。

 Gluwareのツール群には、セキュリティ対策やネットワーク運用に役立つさまざまな選択肢があることを、WMCは評価した。WMCで副最高情報責任者(Deputy CIO)および最高技術責任者(CTO)を務めるシジ・アテコヤ氏は「コスト削減、実行速度、安定性、セキュリティなど複数の面で、われわれのニーズに合っていた」とGluwareのツール群を評価する。

 「ネットワーク自動化を採用すると、ネットワーク担当者がお払い箱になるのではないか」と懸念する人もいる。WMCには「そのような意図はない」とアテコヤ氏は断言する。WMCの狙いは、ネットワーク担当者が日常業務に取られる時間を最小限にすることだった。そうすればネットワーク担当者が、WMCの進めるデジタルトランスフォーメーション(DX)関連プロジェクトに時間を使いやすくなるからだ。

医療分野におけるネットワークセキュリティの役割

 セキュリティとレジリエンス(障害発生時の回復力)は、ネットワークのオープン化を目指す団体ONUG(Open Networking User Group)で広く議論されている。これらは「WMCにとっても最優先事項だ」とアテコヤ氏は言う。

 WMCは、包括的なセキュリティ施策を実践するため、ゼロトラストセキュリティの考え方を導入している。アテコヤ氏は、セキュリティ施策成功の条件として「発生する脅威の数が減ること」「ネットワークの稼働率が高まること」を挙げ、「結果としてWMCでの死亡率が低下することこそが成功だ」と話す。


 第3回は「コネクテッドヘルス」について、アテコヤ氏の考えを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。