あの「LinkedIn」「Mastodon」がTwitterの混乱で再び表舞台へ?Twitter代替サービス7選【第4回】

「Twitter」から別サービスへの移行を検討する場合、どのような候補があるのだろうか。移行先候補として「LinkedIn」と「Mastodon」を解説する。

2023年01月18日 05時00分 公開
[Sarah AmslerTechTarget]

関連キーワード

Twitter | SNS


 短文投稿サイト「Twitter」の代替策として、ビジネス活用が期待できるソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は幾つかある。主要な7つの候補のうち、3つ目と4つ目を紹介する。

3.ソーシャル機能も充実しつつある「LinkedIn」

 ビジネス特化型SNSとして知られる、LinkedIn社の「LinkedIn」。実はストリーミング配信機能やニュースフィード機能といったソーシャルメディア機能も充実している。

 ユーザーはTwitterと同じように、動画やリンク、最新情報、画像をLinkedInに投稿できる。LinkedIn経由で求人情報を検索し、求人に応募することも可能だ。LinkedIn社は、ユーザーが新しい仕事のスキルを身に付けるためのオンライン教育サービス「LinkedIn Learning」も運営している。

 LinkedIn社は2016年にMicrosoftに買収された。LinkedInはこれまでなりすましアカウントの問題に悩まされてきた。機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術を用いたモニタリングにより、この問題の解消に取り組んでいる。LinkedIn社のレポートによると、なりすましアカウントを一掃するために活躍しているのはAIシステムだけではない。同社の従業員も手動でプロファイルを確認している。

4.複数のSNSの集合体 分散型SNS「Mastodon」

 オイゲン・ロホコ氏が開発した「Mastodon」は、Twitterをはじめとする中央集権的なSNSとは違い、分散型という特徴がある。ユーザーは、オープンソースソフトウェアを使って独自のMastodonインスタンス(サーバ)を構築し、運営できる。Mastodonには広告がない。

 Mastodonは複数のサーバを接続して成り立っている。そのため、それぞれのサーバを独自のSNSと見なせる。

 ユーザーは、自分と似た興味を持つユーザーが属するサーバを探して所属する。あるサーバに属するユーザーは、サーバの情報をシェアすることで、他のユーザーがサーバを見つけるのを手助けできる。自分にもっと合うサーバが見つかったら、所属するサーバを変えることも可能だ。


 第5回は「Reddit」を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...