2023年08月08日 05時15分 公開
特集/連載

Seagateの「22TB」の新HDDと「20TB」を比較 今後の“見どころ”も22TB「以上」の価値をHDDに【中編】

22TBのHDDを新たに発売したSeagate。新モデルの詳細を前モデルと比較しながら解説するとともに、今後の製品開発の動向について予測する。

[Yann Serra, Antony AdsheadTechTarget]

関連キーワード

ハードディスク | NAS | SSD


 HDDベンダーのSeagate Technology(以下、Seagate)は、2023年4月に容量22TBのHDD「Seagate IronWolf Pro 22TB HDD」を発表した。その後、NAS(ネットワーク接続ストレージ)ベンダーのQNAPと一部製品のポートフォリオを統合すると発表した。統合した製品の中には、今回発表したSeagate IronWolf Pro 22TB HDDも含まれている。本稿では同製品の機能を紹介する。

「20TB」モデルから何が変わったのか?

 前モデルの「Seagate IronWolf Pro 20TB HDD」と比較した主な違いは以下の通りだ。

  • プラッタ(円盤状の記録媒体)の追加
    • プラッタの枚数が前モデルの9枚から10枚に増加。各プラッタは2.2TBの容量を持つ
  • 平均消費電力の増加
    • 前モデルよりもやや多くの電力を消費する。動作時の平均消費電力は20TBモデルが7.7ワットだったのに対し、22TBモデルは7.9ワットに増加。静止時の平均消費電力は5.7ワットから6.0ワットに増加した
  • 最大連続データ転送速度
    • 285Mbpsで、前モデルと同じ

 一般的に、30TBのHDDを実現するためには、「SMR」(Shingled Magnetic Recording:シングル磁気記録方式)または「HAMR」(Heat Assisted Magnetic Recording:熱アシスト磁気記録方式)のどちからの方式が必要と考えられている。SeagateはIronWolf Proシリーズにはどちらの方式も採用していないが、SMRまたはHAMRを採用するHDDを2023年中には発表する計画だ。

 Seagateは、ストレージの接続規格「SAS」(Serial Attached SCSI)の12Gbpsの仕様を同社製品が今後採用するかどうかを明言していない。SASは一般的に「SATA」(Serial ATA)による接続に比べて高速かつ高信頼だが、費用が高くなる。

 企業はSSDを選ぶ際、1つ目のメモリセルに4bitを格納する記録方式「QLC」(クアッドレベルセル)を使ったNAND型フラッシュメモリ搭載のSSDを採用する傾向にある。QLCのNAND型フラッシュメモリは、一般的に耐久性が低く安価だ。この傾向を踏まえると、SeagateはSAS採用による製品価格の高騰を懸念している可能性がある。


 後編では、SeagateとQNAPのパートナーシップの詳細を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news200.png

韓国と台湾の訪日旅行客 旅マエ検索データで分かった行きたい場所の傾向は?
グローバルマーケティングを手がけるアウンコンサルティングが、2023年の訪日外国人客の...

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。