「NAS」をやめて「SAN」に移る目安とは? 可用性、信頼性、データ保護の問題NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【中編】

中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に移行するかどうかを見極める判断基準として、「可用性」「信頼性」「データ保護」の視点がある。事業継続性のリスクを排除するという観点で注目すべき「移行の目安」とは。

2021年05月27日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

NAS | SAN | ストレージ


 中堅・中小企業が、ストレージシステムを現在利用中のNAS(ネットワーク接続ストレージ)からSAN(ストレージエリアネットワーク)に移行するタイミングを見極めるには、ストレージシステムが示す「7つの兆候」がヒントになる。前編「中堅・中小企業が『NAS』から『SAN』に乗り換えたくなる性能、拡張性の理由」に続き、中編となる本稿は3つ目と4つ目の兆候を解説する。

  1. NASでは必要な性能が得られなくなった
  2. さらなる拡張性が必要になった
  3. 可用性と信頼性を揺るがす問題が頻発している
  4. NASがデータ保護の要件を満たさなくなった
  5. NASがアプリケーションのニーズを満たさなくなった
  6. 仮想化技術の導入でインフラの運用や処理負荷が高まった
  7. リソースの集約と有効活用のニーズが高まった

兆候3.可用性と信頼性を揺るがす問題が頻発している

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...