知っておきたい「SASE」のアクセス管理 今までと何が違うのか?ネットワークセキュリティの新常識

ネットワークとセキュリティの機能を集約した「SASE」は、アクセス管理の仕組みに従来のネットワークセキュリティ製品との違いがある。どう違うのか。

2021年05月26日 05時00分 公開
[Dave ShacklefordTechTarget]

 Gartnerは2019年、ネットワークセキュリティの新しい概念として「SASE」を提唱した。SASEは「セキュアアクセスサービスエッジ」の略で、「サッシー」と発音する。

 SASEが含む製品やサービスは、

  • ソフトウェアでネットワークを制御する「SDN」(ソフトウェア定義ネットワーク)
  • 仮想的な専用線を実現する「VPN」(仮想プライベートネットワーク)またはその代替
  • クラウドサービスの利用を監視・制御する「CASB」(クラウドアクセスセキュリティブローカー)

などさまざまだ。SASEを従来のネットワークセキュリティ製品と比べた場合、特にIDを中核にしたアクセス管理の方法が興味深い。

「SASE」のアクセス管理は“ここ”が違う

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...