2021年05月26日 05時00分 公開
特集/連載

Mastercardが「AI」で不正検出 同社幹部が語るその中身とは?金融×AIの最前線【前編】

Mastercardは不正利用防止のためにAI技術を活用している。どのように生かしているのか。同社幹部に聞いた。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

機械学習 | トレンド解説


 金融サービスの提供企業は、詐欺を予測して不正行為に立ち向かうため、長い間機械学習などのAI(人工知能)技術を利用してきた。中でも著名な一社がMastercardだ。同社は2017年にAI技術ベンダーのBrighterionを買収。以来、AI技術に多額の投資をしている。

 Mastercardは詐欺防止のためのAI技術を自社で利用すると同時に、他社向けにAIサービスとして販売もしている。同社のAI技術は詐欺防止だけでなく、顧客の満足感を維持しながら財務の安全性を確保するのに役立つという。

 米TechTargetは、MastercardによるAI技術の使い方とAIサービス販売の取り組みについて、Brighterionの最高幹部でありMastercardのシニアバイスプレジデントも務めるスディール・ジャー氏に話を聞いた。インタビュー内容を前後編に分けて紹介する。今回はその前編だ。

Mastercardは「AI」をこう活用している

―― Mastercardにおける詐欺防止に活用するために、Brighterionが自社のAI技術に加えた注目すべき改善点や変更点を教えてください。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。