Mastercardが「AI」で不正検出 同社幹部が語るその中身とは?金融×AIの最前線【前編】

Mastercardは不正利用防止のためにAI技術を活用している。どのように生かしているのか。同社幹部に聞いた。

2021年05月26日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

関連キーワード

機械学習 | トレンド解説


 金融サービスの提供企業は、詐欺を予測して不正行為に立ち向かうため、長い間機械学習などのAI(人工知能)技術を利用してきた。中でも著名な一社がMastercardだ。同社は2017年にAI技術ベンダーのBrighterionを買収。以来、AI技術に多額の投資をしている。

 Mastercardは詐欺防止のためのAI技術を自社で利用すると同時に、他社向けにAIサービスとして販売もしている。同社のAI技術は詐欺防止だけでなく、顧客の満足感を維持しながら財務の安全性を確保するのに役立つという。

 米TechTargetは、MastercardによるAI技術の使い方とAIサービス販売の取り組みについて、Brighterionの最高幹部でありMastercardのシニアバイスプレジデントも務めるスディール・ジャー氏に話を聞いた。インタビュー内容を前後編に分けて紹介する。今回はその前編だ。

Mastercardは「AI」をこう活用している

―― Mastercardにおける詐欺防止に活用するために、Brighterionが自社のAI技術に加えた注目すべき改善点や変更点を教えてください。

ITmedia マーケティング新着記事

news171.png

2024年のGW予算は横ばい 賃上げよりも物価高と円安の影響が勝る?――インテージ調査
インテージが全国の15歳から79歳の男女を対象に実施したゴールデンウイークに関する調査...

news148.jpg

CNN幹部が語る、メディアビジネスにとってのAIのリスクと機会
生成AIがコンテンツを量産し、真偽の明らかでない情報があふれかえる中、メディアの価値...

news016.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。