2012年03月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

事例が示すビッグデータの可能性と課題【前編】Amazon、Google、NTTドコモの事例が示すビッグデータの可能性

販売促進、研究開発、公共など、さまざまなビッグデータの活用が国内外で進んでいる。アナリストが紹介したビッグデータ活用事例をピックアップして紹介する。

[納富友三,TechTargetジャパン]

ビッグデータ活用をけん引する“Gang of Four”

 野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 主任コンサルタント鈴木良介氏は、2012年3月8日に開催された@IT情報マネジメント主催カンファレンス「大量・多種類のデータを、いかに“価値“に還元するか? ROI最大化、収益向上に寄与するビッグデータの真意と活用の鍵」の基調講演で、国内外のビッグデータ活用事例を紹介した。

画像 野村総合研究所の鈴木氏

 「ビッグデータ活用」は昨今IT業界で特に耳にすることの多いキーワードだが、実際どのようなデータをどのように活用すればいいのだろうか。鈴木氏は企業におけるビッグデータ活用は、「Webサービス事業者が先導していることは間違いない」と説明する。特に「Gang of Four」と呼ばれる米Amazon、米Google、米Apple、米Facebookは消費者のさまざまなデータを取得・活用することに長けており、彼らがビッグデータ活用を強くけん引しているという。

 「彼らは自らがやりたい事業を実現するために必要な、ITに関するテクノロジーを自ら作り出してしまう“内製事業者”。作ることで自社のビジネスがうまく回り、次のステップに行くためにさらに技術を洗練させる。自社内で内燃的にこのプロセスをぐるぐる回している」(鈴木氏)

 以降ではそれらの企業がどのようにデータ活用しているのかを見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。