2011年11月09日 09時00分 公開
特集/連載

Oracle Database / Exadata Summitリポートオラクルが示すビッグデータ活用の課題とは?

昨今BI/DWH分野で話題となっている「ビッグデータ」。これまでの分析対象、分析環境とは何が異なるのか。日本オラクルのイベントで語られたビッグデータの課題をまとめた。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 日本オラクルは10月25日、「Oracle Database / Exadata Summit 〜オラクルのBig Data/In-Memory戦略」を都内で開催した。本イベントは、主に10月3日(米国時間)にサンフランシスコで開催された「Oracle Open World 2011」で話題となったビッグデータ関連のソリューションや事例を、国内にも紹介するものである。

 本稿では本イベントで、オラクルコーポレーション データベース・サーバテクノロジー担当 シニアバイスプレジデント データベース製品開発総責任者 アンディ・メンデルソン氏が登壇した基調講演の模様をリポートする。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...