2018年10月03日 05時00分 公開
特集/連載

3大セルフサービスBI製品を比較する「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」を比較 各製品の長所と短所は?

「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」はほぼ同等のセルフサービスBI機能を提供するが、いずれの製品にも長所と短所がある。コンサルタントのリック・シャーマン氏に話を聞いた。

[Craig Stedman,TechTarget]
それぞれの長所と短所は……《クリックで拡大》

 セルフサービスBIソフトウェアを選ぶ際には、Tableau Softwareの「Tableau」とMicrosoftの「Power BI」、Qlikの「Qlik Sense」の3製品を比較することが多い。コンサルティング会社Athena IT Solutionsの創立者でマネージングパートナーのリック・シャーマン氏も、この3製品を主導的なセルフサービスBI製品に挙げる。

 同氏は顧客企業にこの3製品を導入しており、Northeastern Universityの大学院工学研究科でこれらの製品の使い方を教えている。Tableau、Power BI、Qlik Sense(2014年から同社の主力製品になったが、旧製品の「QlikView」も継続提供している)は機能的にほぼ同等だが、それぞれに長所と短所があるという。一問一答形式で話を聞いた。

エキスパートに聞く

――TableauとPower BIとQlik Senseの特長についてうかがう前に、セルフサービスBI/分析ツールを選ぶ際にどのような機能を重視すればよいか教えてください。

シャーマン氏 第1に、ITの専門家の手をほとんどまたは全く借りずに分析を行えることが重要だ。第2に、さまざまなデータソースにアクセスでき、異なるソースのデータを統合できることだ。例えば、データベースやアプリケーションから取得したデータと、「Microsoft Excel」(以下、Excel)のデータを素早く1つにまとめたい場合に、セルフサービスBI製品は豊富な機能を提供している。第3に、データ視覚化とダッシュボードの機能だ。ツールによって、ダッシュボード機能があるものとないものや、限定的な視覚化機能しかないものがある。データをドリルダウンしてフィルターやスライサーや階層を適用する機能もある。こうした処理は、同じグループに属するユーザーでもそれぞれやり方が違っていた。BI用にExcelを使う人が多かったのは、以前はExcelでしかデータのフィルターとスライスができなかったからだ。今は大半のセルフサービスBIツールでできる。

――TableauとPower BIとQlikの機能は同じですか。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...