2018年05月22日 09時00分 公開
特集/連載

セルフサービス型だけではないちょっとした機能強化でビジネスインテリジェンス(BI)の価値を上げる方法

従来のビジネスインテリジェンス(BI)ツールでも、価値ある情報を得ることはできるが、より高度なツールを備えた大掛かりな分析プラットフォームにBIを組み込めば、情報の価値はさらに高まる。

[Ed Burns,TechTarget]
Gartner Data & Analytics Summit 2018 「Gartner Data & Analytics Summit 2018」カンファレンスの様子《クリックで拡大》

 従来のビジネスインテリジェンス(BI)は、最近のデータ分析かいわいでは大して面白みのないテクノロジーになっている。だが、現代の企業にとって、BIの価値が下がっているかといえば、そんなことはない。ただ、利益を生むために、ちょっとした機能強化が必要なだけだ。

 「BIは変化している。競争力を維持するには、こうした変化に合わせて企業も変わらなければならなかった」と話すのは、電気ガス事業会社National Gridでデータ分析とクラウド革新に関するポートフォリオディレクターを務めるローリー・アッバツィオ氏だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...