2017年07月04日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon、Netflix、Twitterで導入が進むマイクロサービスの未来とは?知っておくべき5つのポイント

エンタープライズアプリケーションを作成する手段としてマイクロサービスが有望視される理由を5つのポイントから考える。

[Nishant Patel,TechTarget]

関連キーワード

API | アプリケーション | SOA | PaaS


Netflixはマイクロサービス採用の成功例として知られる《クリックで拡大》

 マイクロサービスはエンタープライズアプリケーションを作成する望ましい手段として台頭している。2012年に見られたモバイルアプリ開発の導入と同様に、専門知識の不足によってマイクロサービスの導入が遅れている企業もある。だが、IoT開発の増加に伴い、近い将来においてマイクロサービスが開発者に選ばれるアーキテクチャになることは避けられない。

 一部のDevOps文化に合わないという批判を受けることはあるが、マイクロサービスの導入は進み、多くの業界で熱狂的な支持者を獲得するようになっている。Amazon、Netflix、Twitterなどの大規模なオンラインサービスは、全てモノリシックなテクノロジースタックからマイクロサービス駆動型のアーキテクチャへと進化している。これらのオンラインサービスは、この進化によって現在の規模まで拡大することができた。マイクロサービスは、Web、モバイル、IoT(ウェアラブルを含む)にわたる各種プラットフォームとデバイスをサポートするのに理想的なアーキテクチャである。特にIoTの開発においてはマイクロサービスの使用が有望だ。その理由を5つのポイントから紹介する。

1.安価なコスト

 現在IoTセンサーとIoTデバイスは、かなり手頃な価格で入手できるようになっている。そのため、ほとんどの場合、少数のより強力で高価なセンサーではなく、それぞれが1つのことを適切に実行する数百の小型のセンサーを導入した方がコスト効率は良い。その大きな理由は、デバイスを問わず、これから数年の間に、多くのデバイスが時代遅れになるか、より高度でコスト効率の良い代替品に取って代わられることにある。単純なハードウェアを導入することで得られるメリットは、価値を追加したり、機能の不足を補ったりするためにマイクロサービスを利用できることだ。またネットワークを徐々に拡大し、個々のコンポーネントをリプレースしながら、コスト効率の良い方法でアップグレードと維持を行うことができる。適切に行えば、モノリシックシステム全体を一気にリプレースする必要はなくなる。

2.高速なイノベーション

 IoTの導入はまだβ版の段階にある。優秀で役に立つデバイスが既に何十億台も導入されている。だが、そのようなデバイスの可能性を完全に引き出すという点では、まだ表面をかすっただけの状態にすぎない。マイクロサービスの開発手法を使用すると、“モノ”と“サービス”の新たな組み合わせを簡単にテストできるようになり、イノベーションと、ひいては価値を解放できるようになる。テクノロジースタック全体を構築したり数カ月にもわたって大きなインフラに投資したりする必要はない。マイクロサービスでは、興味のあるコンテンツに手を加えてテストして、問題に対する革新的な解決策の恩恵をすぐに享受できる。

3.リスクの切り離し

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...