2017年03月14日 12時00分 公開
特集/連載

マイクロサービスで構築できる「成功するクラウドWebサービス」ステップアップ方式で習得する

マイクロサービスを使用してクラウドWebサービスを構築すると、拡張性などのメリットを享受できる他、業務アプリケーションから新しい機能やツールにアクセスできる。

[Tom Nolle,TechTarget]
クラウドWebサービスを構築するときは、AWSにしろAzureにしろ既存サービスの調査から始めよう

 AmazonとMicrosoftの2大パブリッククラウドプロバイダーは、どちらも数十のWebサービスを提供している。それぞれのWebサービスでは、便利なアプリケーション機能やツールをユーザーがAPI経由で呼び出せる。一見すると、このようなWebサービスはマイクロサービスとよく似ている。実装の細部では、類似点がさらに増える。

 クラウドWebサービスと同様に、マイクロサービスは単一のアプリケーションの一部ではなく、アプリケーションに汎用リソースを提供する。また、クラウドWebサービスと同じく、マイクロサービスには複数の異なるアプリケーションと多数のユーザーが同時にアクセスできる。それから、マイクロサービスは負荷に応じた伸縮も可能だ。基盤となるリソースが機能しない場合には、サービス自体の置き換えもできる。この点についても、クラウドWebサービスと同じといえる。

 マイクロサービスを使用してクラウドWebサービスを自社で構築するときに生じる唯一の問題は、マイクロサービスに上述のメリットを与えるものが必ずしも明確ではないことだ。クラウドの設計者が正しい方法でマイクロサービスを導入できない状況はあり得る。その場合、クラウドWebサービスの機能提供に関するマイクロサービスの価値は損なわれる。そのため、マイクロサービスの導入では計画が重要になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...