プライベートクラウドブームが再燃? 導入を後押しするハイパーコンバージドプライベートクラウド構築で重要な特性は(1/2 ページ)

企業がプライベートクラウドから得られるメリットを十分に活用するには、インフラの選定と統合が必要不可欠だ。

2017年01月31日 15時00分 公開
[Jeff Kato, Jeff ByrneTechTarget]
ユーザー企業がプライベートクラウドで重視すること

 クラウドの利用を検討している企業は、可用性、セキュリティ、パフォーマンスの面から、ビジネスクリティカルなアプリケーションやデータをパブリッククラウドへ展開したがらないことが多い。またITマネジャーの大半はプライベートクラウドの方が安心できる選択肢だと考えている。その理由は、ITインフラの確認と管理がしやすく、重要な資産を社内に保管できるからだ。

 だが多くの場合、プロバイダーが約束するようにプライベートクラウドでビジネスの敏しょう性が高まるかどうかは疑わしいとアプリケーションの所有者は考えている。また、十分な機能を備えた高価なプライベートクラウドを導入する場合に、ROI(投資対効果)が得られるかどうかやROIを得るまでの期間についても慎重になっている。同時に、ほとんどの企業は、エンジニアのリソース不足や付随するリスクが理由で、独自のプライベートクラウドを構築する意欲や能力を持ち合わせていない。その結果、企業はプロバイダーに頼らざるを得なくなる。だが残念ながら、これまでほとんどのプロバイダーは、十分な機能を備えたプライベートクラウドを展開するために必要な要素や機能を全て提供できているわけではなかった。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。