石油依存からの脱却を図るサウジアラビア
サウジアラビアの基金管理団体が「OCI」を選んだ“政府機関ならでは”の理由
石油やガスへの経済的依存度を減らすために、サウジアラビアは観光産業開発に40億ドルの基金を投資する。同基金は財務や人事、調達といった業務を効率化させるために、OCIを採用した。その理由とは。(2021/11/26)

「ビデオ通話API」はビジネスをどう変えるか
「プログラマブルビデオ」とは? “ただの動画”とは全然違う
アプリケーションやWebサービスにビデオ通話の機能を連携可能な「プログラマブルビデオ」がCPaaS市場のトレンドとなりつつある。そもそもプログラマブルビデオとは何なのか。その代表的な用途とは。(2021/11/22)

Javaが愛され続ける5つの理由【後編】
「Java」はなぜ、今も昔も開発者に愛されるのか
「Java」はさまざまなアプリケーション開発に活用できるプログラミング言語だ。Javaが開発者からの支持を得続けている理由を説明する。(2021/10/28)

Java用エコシステムを拡張
AtomicJar、Testcontainersで誰でも使える統合テスト環境を提供
Testcontainersの開発者によって創設されたAtomicJarは、Java用の統合テスト環境の構築を目指している。(2021/10/25)

Javaが愛され続ける5つの理由【前編】
「Java」を学びたくなるシンプルな理由
「Java」はモバイルアプリケーションからサーバサイドアプリケーションまで、さまざまな開発に利用できるプログラミング言語だ。開発者が支持する理由を解説する。(2021/10/21)

「Rust」のメリットとデメリット【後編】
難しくても「Rust」を学びたくなってしまう理由
クラウドネイティブなアプリケーション開発でプログラミング言語「Rust」を採用する開発者は、何をメリットと捉えているのか。デメリットと共に解説する。(2021/9/13)

「OTシステム」を狙った攻撃の脅威【後編】
MicrosoftやCiscoも参入する「OTセキュリティ」市場 盛り上がりの理由は?
OTシステムへの攻撃が盛んになっていることを受け、ITシステムを対象としたセキュリティベンダーがOTセキュリティ分野にも参入している。GartnerはOTセキュリティ市場をどう分析するのか。(2021/9/9)

膨大なデータ処理を変える技術【後編】
「GPUDirect Storage」はストレージのスループット改善にどれだけ効果的なのか?
GPUによるデータ処理を高速化するNVIDIAの「GPUDirect Storage」は、大量のデータを扱う用途で活用が進む可能性がある。その可能性を考える上では、ストレージベンダーの取り組みが鍵になる。(2021/9/7)

「Rust」のメリットとデメリット【前編】
「Rust」はなぜクラウドネイティブ開発者の間で大人気なのか?
クラウドネイティブなアプリケーションの開発者の間で、プログラミング言語「Rust」が人気を博している。Rustにはどのようなメリットがあるのか。(2021/9/6)

自社の「HPC」構築に必要な視点【中編】
「ハイパフォーマンスコンピューティング」(HPC)の利用可否を考える3つの要件
HPCが自社に適しているかどうかを判断するには、どのような要件を検討すればいいのだろうか。ハードウェア、ソフトウェア、施設の3つの視点で考える。(2021/9/2)

「OTシステム」を狙った攻撃の脅威【中編】
Gartnerが推奨する「OTシステム」のセキュリティ対策“最重要ポイント”とは
Gartnerの報告書は、OTシステムへの攻撃に警鐘を鳴らしている。どのような対策を講じるべきなのか。こうした攻撃が目立つようになった背景と共に説明する。(2021/9/2)

自社の「HPC」構築に必要な視点【前編】
「ハイパフォーマンスコンピューティング」(HPC)の理解に欠かせない分散処理の基本
複雑な計算処理や膨大なデータの活用手段に「ハイパフォーマンスコンピューティング」(HPC)がある。HPCが必要かどうかを判断するに当たって、まずはクラスタなどHPCの基本を知ることが欠かせない。(2021/8/26)

「OTシステム」を狙った攻撃の脅威【前編】
産業用システムが“殺人兵器”に Gartnerが明かす「『OT』が危険化する理由」
Gartnerの報告書によると、企業はITシステムへの攻撃よりも「OT」システムへの攻撃に目を向ける必要がある。OTシステムにはどのような危険性があるのか。(2021/8/26)

ライブラリとフレームワークを使い分ける【後編】
「ライブラリ」と「フレームワーク」を見分ける有力な方法
ライブラリとフレームワークは、アプリケーション開発における役割や設計思想が異なる。開発者の視点から、それらを見分ける方法を解説する。(2021/8/20)

ライブラリとフレームワークを使い分ける【前編】
いまさら聞けない「ライブラリ」と「フレームワーク」の違いとは?
ライブラリとフレームワークは、どちらもアプリケーション開発を支援するプログラミング部品だ。両者の違いとは何か。(2021/8/13)

Javaで従うべき命名規則【前編】
Javaの「変数」「メソッド」「定数」名の“ひんしゅくを買わない”付け方
「Java」のソースコードを書く上で、標準的な命名規則に従うことは重要だ。変数、メソッド、定数を定義する際に従うべき命名規則をまとめた。(2021/8/7)

AI時代を支えるNVIDIA【後編】
CPU「Grace」の発表に見え隠れする、“GPUの覇者”NVIDIAの本当の狙い
NVIDIAを単に“GPUベンダー”と呼ぶことはもはやできない。CPUの処理をオフロードする「DPU」に加えて、同社製CPU「Grace」を発表した。その狙いと、これまでのCPUとの違いを紹介する。(2021/8/4)

衰退の危機にある実力派プログラミング言語5選【中編】
終わりに向かう旧「Visual Basic」がいまだに人気の“謎”
実力があり、根強いファンがいるにもかかわらず、衰退の危機にあるプログラミング言語は幾つかある。その中から「Haskell」やバージョン6.0以前の「Visual Basic」を取り上げる。(2021/7/11)

AWSの「クラウドIAM」7選【前編】
AWS IAM、Amazon Cognito、AWS Directory Serviceとは? AWSの主要クラウドIAM
AWSはIDおよびアクセス管理(IAM)のクラウドサービス「クラウドIAM」を提供する。その中から「AWS IAM」「Amazon Cognito」「AWS Directory Service」の特徴を説明する。(2021/5/27)

ITコスト最適化の7大ポイント【第4回】
ITコスト削減に「ベンダーとのリスク共有」が果たす役割とは?
ITコスト最適化を進める際、ベンダーとのリスク共有が重要なポイントになる。Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際に重要なポイントを2つ紹介する。(2021/5/27)

ITコスト最適化の7大ポイント【第3回】
「社内向けコールセンター」のコストを丸ごと削減する方法
企業がITコスト最適化を進める際、見直しの対象になるのが社内向けコールセンター/ヘルプデスクだ。そのコストを劇的に削減し得る方法があるという。どのような方法なのか。(2021/5/20)

ITコスト最適化の7大ポイント【第2回】
ITコスト最適化に「DevOps」「BPR」が効く理由と、効果を引き出す取り組み方
Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際、積極的に取り入れたいのが「DevOps」と「BPR」だ。その理由と取り組み方を紹介する。(2021/5/13)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【後編】
NVIDIA vs. AMD 「GPU」「ビデオカード」の演算能力が高いのはどっち?
NVIDIAとAMDは、共にGPU分野に重点的に投資している。両社のビデオカードは、演算能力などの性能や機能においてどのような違いがあるのか。(2021/5/11)

COBOLとの付き合い方【前編】
「COBOL」プログラムが古くなっても動き続ける“切実な理由”
組織に古くからあるシステムで「COBOL」プログラムがいまだに稼働し続けていることは珍しくない。なぜそのような状況が生まれるのか。組織はなぜモダナイゼーションに踏み切れないのか。(2021/5/10)

具体例を交えて紹介
プログラミング初心者が迷う「パスカルケース」「キャメルケース」の違いとは?
プログラミングの学習を始めたばかりの人にとって、重要かつ難解なのが変数の命名規則だ。混同しがちな2つの命名規則「パスカルケース」「キャメルケース」の違いを、具体例を交えながら分かりやすく説明する。(2021/5/8)

ITコスト最適化の7大ポイント【第1回】
Gartnerお墨付き ITコスト最適化に役立つ「4層フレームワーク」とは?
企業がコストを抑えながらビジネスを継続させる上で重要なのが、ITコストの最適化だ。Gartnerが示すフレームワークを参考に、ITコスト最適化の具体策を検討する。(2021/5/7)

「データサイエンス向き」の根拠は
Java使いでも「R」「Python」を学びたくなる“納得の理由”
Javaエンジニアがデータサイエンスに取り組むなら、別のプログラミング言語を検討することも視野に入る。有力な候補となるのが「R」「Python」だ。それはなぜなのか。R、Pythonそれぞれの基本的な特徴を見ていこう。(2021/4/24)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】
「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。(2021/4/23)

情報ガバナンスと記録管理の違い【後編】
いまさら聞けない「記録管理」とは? 「情報ガバナンス」との違いは?
「情報ガバナンス」と「記録管理」は混同されがちだが、意味は異なる。記録管理が何なのかを整理した上で、両者の違いを簡単に解説する。(2021/3/23)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【後編】
「データリテラシー」の高い社員を育てる鉄則とは? Red Hatに聞いた
データ主導型企業を目指す上で重要なのが、従業員のデータリテラシー向上だ。その実現のためには何をすればよいのか。データリテラシーに関する独自のトレーニングプログラムを始めたRed Hatに聞いた。(2021/3/17)

情報ガバナンスと記録管理の違い【前編】
いまさら聞けない「情報ガバナンス」とは? なぜ必要なのか
「情報ガバナンス」と「記録管理」は似て非なる業務だ。両者の違いを理解するために、まずは情報ガバナンスとは何かをあらためて整理しよう。(2021/3/1)

Computer Weekly日本語版
自然言語処理AI「GPT-3」の可能性と限界
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/2/17)

Apple製OS用プログラミング言語比較【後編】
「Objective-C」「Swift」はどちらを選ぶべきか? 2大Apple言語の比較ポイント
Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。(2021/1/29)

2021年のWindows【後編】
Microsoftの対Apple/Android戦略とArmサポートの強化が意味すること
Microsoftはマルチプラットフォーム対応を積極的に推し進めている。Apple製品やAndroidにどう対応するのか。強化されるArmサポートの動向とは。Microsoftの多方面作戦の状況を概観する。(2021/1/29)

ムダな自動化を回避
なぜ業務を自動化しても業務が効率化しないのか
最新のツールを活用すれば業務の自動化は実現する。だがそれが業務の改善や効率化に直結するとは限らない。自動化しても業務が改善しないのは、重要なステップを見落としたからだ。(2021/1/28)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト:
Spring BootのKubernetes対応、開発者が考慮すべき「5つのポイント」とは?
決まりきった作業を取り除き、アプリケーション開発を効率化するとして普及する、Javaフレームワークの「Spring Boot」。このSpring Bootで作成したアプリケーションをコンテナ化し、Kubernetesにデプロイするための5つの要点を解説する。(2021/1/25)

2021年のWindows【前編】
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。(2021/1/22)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【後編】
Kubernetesエコシステムのゴールとは何か?
複数のKubernetesディストリビューターが競争し、コミュニティーが発展し、Kubernetes用の多数のツールが生まれている。ジョー・ベダ氏が考えるエコシステムの理想型とは。(2021/1/19)

Apple製OS用プログラミング言語比較【前編】
いまさら聞けない「Objective-C」の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?
Apple製OS用アプリケーション開発で利用される主なプログラミング言語の一つが、オブジェクト指向プログラミング言語である「Objective-C」だ。その特徴を紹介しよう。(2021/1/15)

Computer Weekly製品ガイド
「モダンなソフトウェア」とその「開発チーム」の条件
モダンなソフトウェアとは何か。それを開発するチームには何が必要なのか。今そして今後のソフトウェア開発に求められる条件を紹介する。(2020/12/23)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【後編】
医療AIからバイアスを排除 「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)の臨床価値とは
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)を用いた共同研究は、従来医療AIモデル開発において障壁となっていた問題を解決する可能性がある。NVIDIAが協力した「EXAM」開発プロジェクトの事例から探る。(2020/12/8)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【前編】
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?
世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。(2020/11/30)

モバイルアプリ開発環境の選び方【前編】
Androidアプリ、iOSアプリ、ハイブリッドアプリ開発に使える主な言語とツールまとめ
モバイルアプリケーション開発の主な要件にデバイスのOSの種類がある。「iOS」「Android」あるいはその両方で利用できるアプリケーションの開発に適したプログラミング言語やツールには、どのようなものがあるのか。(2020/11/9)

「Windows Terminal」の基礎解説【中編】
Windows TerminalをGitHubではなく「Microsoft Store」から入手すべき理由
Microsoftのオープンソースターミナルの「Windows Terminal」は、「GitHub」と「Microsoft Store」の両方からダウンロードできる。どちらから入手すべきなのか。(2020/11/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
解析ニーズに応えるリソースを確保、研究者の負荷も軽減した遺伝研の新HPC環境
スーパーコンピュータシステムにより、DNAデータベースの構築や研究者への強力な計算リソースの提供に取り組む国立遺伝学研究所。多様化する解析要求への対応や研究者の負荷軽減を目的に、同研究所が構築した新たなHPC環境とは?(2021/8/2)

Computer Weekly日本語版
自然言語処理AI「GPT-3」によるプログラムコード生成の可能性
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/10/21)

コンテナネットワークの基礎知識【第4回】
Kubernetesだけじゃない「コンテナオーケストレーター」 Mesos、Swarmとは?
「Docker」の普及で利用が広がったコンテナ。その大規模運用の際に威力を発揮するのが「コンテナオーケストレーター」です。「Kubernetes」などの主要なコンテナオーケストレーターを紹介します。(2020/10/14)

オンプレミスかクラウドか
「SharePoint Server 2016」サポート終了 移行先は「2019」か「Online」か?
Microsoftの「SharePoint Server 2016」のサポート終了に伴い、ユーザー企業は「SharePoint Server 2019」または「SharePoint Online」への移行を検討する必要がある。どちらに移行すべきか。(2020/8/13)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【前編】
「Microsoft 365」の“セキュリティ専任チーム”が担うべき役割とは?
「Microsoft 365」のセキュリティを強化するために、何をすべきだろうか。組織、情報収集、認証の観点から、重要なセキュリティ対策を紹介する。(2020/7/28)

小さく始めて大きく育てる
データ分析を阻害する「システムのサイロ化」を解消できる方法とは?
データをビジネスで有効活用するには、複数のデータソースからデータを1カ所に蓄積し、組織横断で利用できる仕組みが望ましい。手頃にスモールスタートでき、将来的な拡張も見据えたデータ活用システムの理想像とは。(2020/7/22)