テレビ局のデータ責任者は「データサイエンス」予算をこう確保している放送局のデータサイエンス活用【後編】

データサイエンスの取り組みを局内に浸透させるために、英国公共放送局のデータサイエンス責任者は“ある工夫”をしているという。それは何なのか。BBCとChannel 4のデータサイエンス責任者が明かす。

2023年01月16日 08時15分 公開
[SA MathiesonTechTarget]

 公共放送局BBC(英国放送協会)とChannel 4(Channel Four Television)のデータサイエンス責任者が、2022年9月下旬に英ロンドンで開催されたイベント「Big Data LDN 2022」に登壇した。両局は局内にデータサイエンスを広めるために、何をしているのか。

BBCとChannel 4が明かす「データサイエンス予算を確保する方法」

 イベントに登壇した各局のデータサイエンス責任者は、局内でデータサイエンスの取り組みを正当化して売り込む必要性を指摘した。Channel 4のデータサイエンスの責任者、マイケル・テレル氏によると、同局のデータサイエンスチームは各部門の財務担当者に対して、データサイエンスチームが手掛けるプロジェクトのメリットを重視するよう依頼。その根回しによって、データサイエンスチームは予算の確保に成功しているという。

 BBCのプロダクトグループでデータサイエンスの責任者を務めるメーガン・スタンパー氏は、同局のデータサイエンスチームに対して「プロダクトグループに役立つプロジェクトを重視するように勧めている」と語る。プロダクトグループはインターネットラジオ視聴サービス「BBC iPlayer」などのIT製品/サービスを開発して提供する役割を担う。

 「高収入を得ているデータサイエンティストにとっては、興味があったり、キャリアアップにつながったり、熱中できたりするプロジェクトに従事することよりも、所属する部門にメリットをもたらすことの方が重要だ」。スタンバー氏はこう指摘する。ただしデータサイエンティストは「試験的なプロジェクトに時間を費やすことにもメリットがある」と同氏は付け加える。

 BBCのデータサイエンティストは、英グラスゴー大学(University of Glasgow)のジェフ・ダルトン助教と、英エディンバラ大学(University of Edinburgh)のデータ活用研究機関The Data Labが参加する、対話型の人工知能(AI)システムに関するプロジェクトを進めている。このプロジェクトでは、BBCのスタッフが作業時間の一部を費やして、学生インターンをサポートしている。同プロジェクトは機械学習などのAI分野に関して、BBCの研究開発部門とも連携している。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。