「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品「SASE」とは何か【前編】

Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。

2020年07月08日 05時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

 セキュリティやネットワークの分野で「SASE」という言葉を聞いたことがあるだろうか。まだ聞いたことがないとしても、間もなく耳にするようになるだろう。SASEという言葉を世に広めたのは調査会社Gartnerだ。SASEは「セキュアアクセスサービスエッジ」の略で、「サッシー」と発音する。

「SASE」の正体とは

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...