2020年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品「SASE」とは何か【前編】

Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

 セキュリティやネットワークの分野で「SASE」という言葉を聞いたことがあるだろうか。まだ聞いたことがないとしても、間もなく耳にするようになるだろう。SASEという言葉を世に広めたのは調査会社Gartnerだ。SASEは「セキュアアクセスサービスエッジ」の略で、「サッシー」と発音する。

 オンプレミスのハードウェアにファイアウォール、データ保護、ネットワークアクセス制御を詰め込んだセキュリティ製品に依存することは、今日の企業ITにおいては時代遅れになっている。クラウドサービスやIoT(モノのインターネット)デバイスが混在し、システムがさまざまな場所に分散しているためだ。

「SASE」の正体とは

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。