2020年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品「SASE」とは何か【前編】

Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

 セキュリティやネットワークの分野で「SASE」という言葉を聞いたことがあるだろうか。まだ聞いたことがないとしても、間もなく耳にするようになるだろう。SASEという言葉を世に広めたのは調査会社Gartnerだ。SASEは「セキュアアクセスサービスエッジ」の略で、「サッシー」と発音する。

 オンプレミスのハードウェアにファイアウォール、データ保護、ネットワークアクセス制御を詰め込んだセキュリティ製品に依存することは、今日の企業ITにおいては時代遅れになっている。クラウドサービスやIoT(モノのインターネット)デバイスが混在し、システムがさまざまな場所に分散しているためだ。

「SASE」の正体とは

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。