2020年07月08日 05時00分 公開
特集/連載

「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品「SASE」とは何か【前編】

Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

 セキュリティやネットワークの分野で「SASE」という言葉を聞いたことがあるだろうか。まだ聞いたことがないとしても、間もなく耳にするようになるだろう。SASEという言葉を世に広めたのは調査会社Gartnerだ。SASEは「セキュアアクセスサービスエッジ」の略で、「サッシー」と発音する。

 オンプレミスのハードウェアにファイアウォール、データ保護、ネットワークアクセス制御を詰め込んだセキュリティ製品に依存することは、今日の企業ITにおいては時代遅れになっている。クラウドサービスやIoT(モノのインターネット)デバイスが混在し、システムがさまざまな場所に分散しているためだ。

「SASE」の正体とは

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...