2019年05月29日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド時代のネットワーク、「SD-WAN」導入が増える“真の理由”とはネットワーク効率化の要点

クラウドサービスの利用拡大に合わせてSD-WANを採用する動きが本格化している。SD-WANの機能でWAN回線の混雑解消、コスト削減などが期待できる。SD-WANがいま求められる理由や導入時のポイントを説明する。

[遠藤文康,TechTargetジャパン]

画像

 企業のクラウドサービス利用が拡大する中、企業ネットワークの負荷や複雑性を解消する手段として「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)サービスに注目が集まっている。その背景として2つの要素が挙げられる。

 1つ目はオフィススイート「Office 365」を始めとしたSaaS(Software as a Service)の利用拡大に伴うネットワークトラフィックの増加だ。結果としてネットワークの通信容量が逼迫(ひっぱく)し、従来のネットワーク構成では十分なパフォーマンスが出なくなる場合がある。

 SD-WANは特定のアプリケーションのトラフィックを、データセンターを介さずに拠点から直接インターネットに流す「インターネットブレークアウト」の機能を実現する。SaaSによる混雑の問題はこれで解消できる。

 2つ目の理由はベンダー側の動きだ。この2年ほどの間に、VMwareがVeloCloud Networksを、Cisco SystemsがViptelaを買収し、SD-WAN事業を強化した。こうした有力ベンダーがSD-WANの展開に本格的に乗り出したことが企業のSD-WAN導入を後押している。こうした動きが国内でも顕著になり「2018年から2019年で国内でもSD-WANの導入数は一気に増えるだろう」と調査会社アイ・ティー・アール(以下、ITR)のプリンシパル・アナリスト甲元宏明氏は語る。

 SD-WANは、既存の物理的なWANを覆う形で「オーバーレイ」と呼ばれるソフトウェア定義による仮想ネットワークを構築する。これによってさまざまなデバイスを結ぶネットワークをオンデマンドで動的に制御可能になる。従来のネットワークの物理的な制約から解放され、ネットワークリソースを効率的に活用できるようになる。IP-VPNを使った従来のネットワークで余分な通信容量がある場合、一部をインターネット回線に変えればネットワーク全体のコストを大幅に削減できる可能性もある。

 Office 365の利用を前提にしたインターネットブレークアウトは、SD-WANの数あるユースケースの一つだ。SD-WANがクラウド時代の重要なネットワークとして位置付けられている理由やそのユースケース、導入時のポイントなどについて説明する。

従来の企業ネットワークとの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較
ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道...

news031.jpg

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

news135.jpg

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。