2021年11月25日 05時00分 公開
特集/連載

料理番組の会社が「Amazon S3」の“5日経過データ”をオンプレミスに戻す理由2人のITチームが選んだデータ保管方法【前編】

America's Test Kitchenは「Amazon S3」とオンプレミスのストレージアプライアンスを併用するデータ保管の仕組みを構築した。導入した製品やその狙いは。

[Johnny Yu,TechTarget]

関連キーワード

バックアップ | ストレージ


 America's Test Kitchen(以下、ATK)は料理好きの人向けの情報を幅広いメディアで発信している。料理番組「America's Test Kitchen」や「Cook's Country」などがその例だ。ATKは他にも「Cook's Illustrated」「Cook's Country」といった雑誌の発行、ポッドキャストの配信、年間15〜20冊の料理本の出版など、幅広い事業を手掛ける。

 ATKはクラウドサービスとオンプレミス(自社が保有または運用する設備)を使い分けて、こうした事業で発生するデータを保管している。これによってデータ保管の効率性を高める効果が得られているという。具体的にどのような仕組みを採用しているのか。

Amazon S3とオンプレミスのストレージを使い分けるATKの狙い

 クラウドサービスへのデータ格納にはRubrikのデータ保護ツールを使い、古くなったデータはオンプレミスにあるStorONEのストレージアプライアンスにアーカイブする、というのがATKの採用している仕組みだ。具体的には、Rubrikのデータ保護ツールが特定時点のバックアップを作成して、Amazon Web Services(AWS)のオブジェクトストレージ「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)に格納する。作成から5日経過したデータは、オンプレミスにあるStorONEのストレージアプライアンスにアーカイブする。

 ATKは、こうしたStorONEとRubrikの製品の組み合わせが同社のバックアップとアーカイブに最適だと考えている。長期保管するデータをオンプレミスに置くことで、クラウドサービス側のデータ容量を抑えることができるからだ。

 マサチューセッツ州のボストン市に機能的なキッチンを備えたATKの拠点があり、そこで同社は撮影などのコンテンツ制作をしている。同社には約250人の従業員が在籍し、出版チームと編集チームに分かれる。ITチームの構成メンバーはたった2人だ。

 「StorONEの製品を購入した最大の理由は使いやすさだ」と、ATKでIT担当ディレクターを務めるダスティン・ブラント氏は話す。ブラント氏はもう1人のチームメンバーと2人で社内のシステム管理全般を担っている。StorONE製品の導入に当たっては、ネットワークやサーバなど社内の他のインフラとストレージの管理の両方に注意を払わなければならなかった。「ストレージ専任の担当者ではないため、ストレージの構築だけに長時間を費やすわけにはいかない」とブラント氏は話す。

 Rubrikのデータ保護ツールをATKが選んだのは、以前利用していたDattoやVeeam Softwareのバックアップツールよりも簡単にバックアップのポリシーを作成できるからだ。ATKはNAS(ネットワーク接続ストレージ)の管理なども含めて幅広くRubrikの製品を活用している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

半熟チーズケーキ、半熟カステラの次に来るのは? クックパッド「食トレンド予測2022」
キーワードは「新感覚」。2022年に流行の兆しが見えてきた食・料理は?

news115.jpg

レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは...

news068.jpg

Criteoが考えるサードパーティーCookie廃止後のデジタル広告
サードパーティーCookie廃止は広告プラットフォーム事業者にとって大きな転換点となる。...