本当に“使えるバックアップ”とは何なのか? 確実なデータ復旧のための要件デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

ビジネスにおけるデータの重要性が高まる中、バックアップには、データ消失リスクの解消、ダウンタイムの最小化など、より高度な要件が課せられるようになった。本当に“使えるバックアップ”とは何なのか、実現方法と合わせて解説する。

2023年11月06日 10時00分 公開
[ITmedia]

 ビジネスにおけるデータ活用の重要性が高まる中、そのデータを守るためのバックアップは、今や不可欠となった。一方、データ量の急増や、ランサムウェアの高度化に伴い、バックアップにはデータの保護だけではなく、復旧までのダウンタイムを極小化できること、つまりレジリエンス(回復力)を重視した、新たなアプローチが求められるようになった。

 そこで注目されるのが、高速なインライン重複排除機能でストレージの利用効率を高めるデータ保護アプライアンスと、多彩なモダンワークロードに対応したデータ保護/管理機能を提供するバックアップソフトを組み合わせる方法だ。特にバックアップソフトは、従来のNDMPによるNASのバックアップで指摘されてきた、長時間化や対応工数増大といった課題を解消する独自機能を搭載し、大容量データの永久増分による保護や、自動負荷分散などが可能となっている。

 他にも、仮想マシンのバックアップ時に発生するパフォーマンス低下も解決できるなど、多くのメリットが期待できるという。本資料では、これらのソリューションの特長について、事例を交えて詳しく解説しているので、参考にしてほしい。

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー搭載 Dell VxRailがもたらすメリット

 デル・テクノロジーズとVMwareが共同で設計し、あらゆるコンポーネントの最適化と検証を経て出荷されるDell VxRailは、DXを実現する次世代ITインフラに新たなユーザ体験をもたらします。

 データセンターのモダナイゼーションを促進する、ハイブリッドクラウドを導入する、あるいは開発者向けKubernetesプラットフォームを構築するなどの幅広い用途において、Dell VxRailが提供するターンキーエクスペリエンスで、継続的なイノベーションが可能になります。

 Dell VxRailは、極めて高いパフォーマンスと総保有コスト低減のメリットをもたらす
インテル® Xeon® Platinum プロセッサーを搭載。クラウド、5Gエッジ・コンピューティング、人工知能を活用したデータ中心型コンピューティングの新たな時代における多種多様なデータセンター・ワークロードのニーズに対応します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.